ホワイトボードのホーロー製とスチール製の違いとは?

身近に目にするホワイトボードですが、ホーロー製とスチール製の2種類があるのはご存知でしたか?
スチールは想像できるかもしれませんが、ホーローはあまり聞きなれない言葉です。
それぞれの特徴を説明の上、違いも解説していきます。

ホーロー製ホワイトボード

ホーロー製のホワイトボードは、ボードの表面が硬くて滑らかで、文字がくっきり見えます。
書く面はホーロー用特殊鋼板を使用していることから、耐久性にも優れています。
表面にガラス質の上薬を高温で焼き付けている特性から、板面に傷がつきにくく、長期間の使用が可能です。

スチール製ホワイトボード

スチール製ホワイトボードは、鉄板に焼き付け塗装を施しています。
また、鉄の性能なので、マグネットが使用できます。
その為、例えば学校などでは頻繁に使用される図表などの紙をマグネットで付けたり、大きな矢印などを記したマグネットシートをボードに貼り、強調したい箇所をわかりやすく表示することもできます。
価格も安価で、軽量なこともスチール製の特徴です。

購入のポイントになる点は?

まず、使用する場所はどこかがポイントになります。
小規模なスペース、例えば家庭や社員数が少ない会社のオフィスなどで使用する場合、軽量であるスチール製ホワイトボードが適しています。
軽量ゆえに、壁掛けで使用することが可能だからです。

一方、大人数が収容できる大規模な講義・セミナールームなどでは、文字がくっきり、鮮明に見えやすいホーロー製がより適しています。

もう一つのポイントは、コスト面です。
スチール製のホワイトボードは、ホーロー製に比べて安価で購入することができます。
しかし耐久性の面ではホーロー製よりも劣るため、費用対効果の面では購入の際に十分な確認が必要となってくるでしょう。

日頃のお手入れで長く使用できる場合もありますので、その辺りを含めて、どちらにするかを決めるのもいいかもしれません。

サインスタイル