飲食店の看板を手書きするメリット・デメリット

飲食店などで看板を作成する場合、悩むのはそのデザインです。
せっかくだから手書きの看板でアピールしたいところですが、集客できるかどうかはそのクオリティにかかってきます。

飲食店の看板を手書きにするメリットやデメリットについて紹介していきます。

飲食店における手書き看板のメリット

手書き看板のメリットは、低コストでこまめに情報を更新できる点にあります。
例えば「日替わりランチ」や「本日のおすすめ」が毎日変わる店舗なら、常に情報を更新して常連客や潜在顧客に訴えることができるので、結果的に集客につなぐことができます。

また、手書きの看板はパソコンでテンプレートを使ってデザインした活字などより温かみがあり、料理なども美味しそうに感じられるから不思議です。
さらに手書きのイラストも加われば、通りすがりの人へのアイキャッチ効果としても有効になります。

上級のテクニックとして、写真とイラストを組み合わせて書いてみたり、腕に自信があるならイラストだけで勝負してみるのも、他の飲食店との差別化になるのでおすすめです。

飲食店における手書き看板のデメリット

手書き看板のデメリットは、デザインが苦手な人にはこまめな情報の更新が負担になるという点です。
絵のうまい従業員の技量で毎日素敵なイラストやメニューが更新されても、その従業員がいなくなってしまった場合、代わりに書く人がいなくなるというデメリットがあります。

また、木製や黒板タイプの手書き看板は、雨の日は外に設置できないというデメリットもあります。

手書きにぴったりな木製看板や黒板タイプの看板

飲食店でよくみられる手書き看板には、A型の木製看板や黒板タイプの看板があります。
黒板タイプはチョークで簡単に書き換えができるので、毎日のランチメニューや夜メニューのおすすめなどをアピールするのに適しています。
また、木製の看板に黒の筆文字でペイントすれば個性のある和風の看板になり、白のペイントをすればカントリー調のおしゃれな雰囲気を出すことができます。

このように手書きの看板は、書き方ひとつでお店の印象を変えることができます。
それがメリットともなりデメリットともなり得るので、手書き看板を作成したら、通りすがりの人やお客さまがどのような印象を持ってくれるのか、客観的な目線で確認することも必要になります。
アイボード特集