看板の利用を検討している方必見!耐用年数について解説します!

現在看板の利用を検討している方で、看板の耐用年数についてお悩みの方はいませんか。
実際に耐用年数について、難しくて理解できていな人は多いのではないでしょうか。
しかし、看板を利用するにあたって、事前に耐用年数について理解しておくと便利でしょう。
そこで今回は、看板においての耐用年数をご紹介します。

□看板の種類ごとの耐用年数を紹介します

看板を固定資産として購入した年に計上する場合に、減価償却費の算出が必要です。
その算出のために必要となるのが、耐用年数です。

看板にも耐用年数が法定耐用年数として定められています。
しかし、一口に看板と言ってもお店の前に置くような小さなものから、ビルに設置するような大きなものまでありますよね。
そこで、看板の種類ごとの耐用年数をいくつかご紹介します。

1つ目は、スタンド看板です。
スタンド看板は、店舗の前に使用されることが多い看板です。
特徴は、設置場所を固定せずに持ち運びが自由にできることでしょう。
この看板の耐用年数は、3年で資産区分は器具及び設備なっています。

2つ目は、塔屋看板です。
郊外のスーパーや高速道路から見えるビルなどの屋上に設置されている看板を見たことはないでしょうか。
このような看板が塔屋看板です。
耐用年数は20年となっており、資産区分は構築物(金属造)となっています。

□看板の寿命に影響を与える要因とは?

ここまで看板における耐用年数についてご紹介しました。
耐用年数は、国によって定められているのでご自身で伸ばせません。
しかし、看板を長く使うためにできることはあります。
そこで、次に看板の寿命に影響する要因と寿命を伸ばす方法をご紹介します。

看板の寿命には様々な要因が関わります。
その中でも一番影響を受けるのは自然環境による影響でしょう。
雨や風、気温の変化などによって大きな影響を受けます。
最近では、急な天候の変化や気温の急上昇などが多く観測されているのでより注意が必要でしょう。

このような多くの要因の影響を受けている看板を長く使用するためには、日頃からの管理が重要です。
劣化による故障で看板が落下し、事故が起きてしまう可能性もあるでしょう。
そのようなことが起きないためにも、チェック項目を作成して、日常の点検を欠かさずに行うことが重要です。

□まとめ

今回は、看板における耐用年数についてご紹介しました。
耐用年数をしっかりと理解することで、節税にもつながるのでぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

スタンド看板

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!