ポスターのデザインができない!その原因とは?

高い宣伝効果を期待して、ポスターの作成に取り掛かろうとお考えの方もいらっしゃると思います。
ポスターは確かに高い宣伝効果を有していますが、いざ作成しようとするとデザインに関して悩んでしまうかもしれません。
そこで今回は、ポスターのデザインができない原因と作成時に意識すべきポイントについて詳しく説明します。

□ポスターのデザインができない原因とは

1つ目の原因は、世の中にないデザインを作ろうとしていることです。
ポスターを作成する際に、「自分の個性を活かして、世の中をアッと言わせるポスターを作ろう」と考えてしまう方も多いでしょう。
このような考えに及ぶ理由は、「ポスターを作ること=自己表現の場」という考えが多くの人の中に根付いてしまっているからです。

ポスター制作を自己表現の場と意識するのではなく、「店舗のためにどのような宣伝をすべきなのか」を念頭に置いてデザインに取り掛かるようにしましょう。

2つ目の原因は、ポスターにどのような情報を載せるべきなのか理解できていないことです。
ポスターに必要なのは、メイン写真やキャッチコピー、企業情報、法令で定められている情報などです。
作成に取り掛かる前に、どの写真を使用するのか、どの情報を記載する必要があるのか、きちんと把握してまとめておくことをおすすめします。

□ポスターをデザインする際のポイントについて

1つ目のポイントは、目的を明確にしておくことです。
何かを伝えることを目的として作られるポスターは、その伝えたい部分を明確にしておく必要があります。
どんなにデザインにこだわっても、何を伝えたいものなのか分からないと、その効果があまり発揮されません。
そのため、まずはポスターの目的が何なのか明確に決めるようにしましょう。

2つ目のポイントは、ジャンプ率を高くすることです。
「ジャンプ率」とは、ポスター内の画像や文字が大きく書かれている部分と小さく書かれている部分の比率を意味します。
このジャンプ率を高めにすると、躍動感のある目立ちやすいポスターになるでしょう。

3つ目のポイントは、ターゲットを明確にすることです。
先ほど、ポスターの目的を明確にするべきと説明しましたが、ターゲットも同様に明確化する必要があります。
それらに合わせて文字や配色などを考えるようにしましょう。

また、デザインについてではないですが、ポスターの設置方法にこだわることも大切です。
当店では、省スペースでポスターが掲示できるポスターパネルを取り扱っております。
4辺開閉式タイプの「グリップパネル」、化粧ビスで固定をするスッキリとした「アイボード」など、お店の雰囲気を生かせるものもご用意しています。
実用的な掲示物の他、アート作品や写真などを飾ることで、店舗装飾としての役割も担えるでしょう。

□まとめ

今回は、ポスターのデザインができない原因と作成時に意識すべきポイントについて詳しく説明しました。
今回説明したポイントを参考に、宣伝効果の高いポスターを制作してみてはいかがでしょうか。

スタンド看板

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!