不織布マスクは洗うことができる?詳しく解説します!

最近は新型コロナウイルスの影響により、マスクをつける機会が増加しました。
そのため、洗って使えるマスクを利用されている方も多いのではないでしょうか。
ただ、感染予防効果が高い不織布マスクを洗って再利用したいという方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、不織布マスクは洗えるかどうかについて詳しくご紹介します。

□不織布マスクは洗えるのか

結論から申し上げますと、不織布マスクを洗うことは可能です。
ただ、洗濯機で洗うことはできず、手洗いで丁寧に洗う必要があります。
そこで、ここでは洗い方について詳しくご紹介します。

まず、洗剤を準備する必要があります。
マスクは口元につけるものであるため、肌に優しい洗濯用の中性洗剤がおすすめです。

その後、桶やボウルのような水を溜められるものを用意し、1リットルほどの水を入れます。
水を入れたら、中性洗剤を0.3グラムほど入れて溶かしていきます。

よく混ぜ終わったら、使用済みのマスクをしっかりと水の中に浸し、押し洗いをしていきましょう。
この際、力を入れすぎるとマスクの繊維が傷ついてボロボロになってしまったり、型が崩れてしまったりするため優しく洗うことを心がけてください。

しっかりと全体的に洗浄できれば、洗剤を落としていきます。
洗剤を入れていない綺麗な水に替えて、再び押し洗いをしていきましょう。

これを3回ほど繰り返した後に、乾いた清潔なタオルで挟み込み、水分をとっていきます。
ある程度の水分がとれたら、マスクを干して乾燥させます。

以上が不織布マスクの洗い方です。

□洗うことによるデメリットとは

先ほどは不織布マスクの洗い方についてご紹介しました。
ここからは、洗うことによるデメリットについてご紹介します。

まず、性能が落ちてしまうことが挙げられます。
不織布はおむつの素材としても活用されるものであるため、濡れても問題がありません。
そのため、先ほどのように洗えるのです。

ただ、先ほどご紹介したような洗い方であっても、何度も繰り返し洗うことで繊維は破壊されていきます。
布マスクとは違い、洗って何度も使うことは想定されていないためこのようなことがどうしても起こってしまいます。
具体的には8回程度洗うことで繊維が裂け始めたとの報告があります。

このように繊維が裂けてしまうと感染予防の効果が低下してしまうため注意が必要です。
また、洗っても目に見えない細かなゴミが付着したままになっている可能性があります。

以上より、なるべく不織布マスクは使い捨てて使用することをおすすめします。

□まとめ

今回は不織布マスクを洗えるのかについて詳しくご紹介しました。
不織布マスクは洗って再利用できますが、どうしても性能は落ちてしまいます。
そのため、なるべく使い捨てて使用することをおすすめします。
当社では高品質の不織布マスクを販売しているため、ぜひチェックしてみてくださいね。

Designed by Freepik