コロナ対策にフロアシールが有効!その理由をご紹介します!

近年、お店や会社などでフロアシールを貼っているのをよく見かけますよね。
このフロアシールはコロナウイルス対策に有効とされています。
今回はフロアシールがコロナ対策に有効である理由について詳しくご紹介します。
ぜひお役立てください。

□フロアシールのメリットとは

フロアシールとは文字通り、床に貼って使うシールのことを指します。
このフロアシールを活用している場所は年々増加しています。
ここでは、そのようなフロアシールを活用するメリットについてご紹介します。

*メッセージを伝えられる

フロアシールを活用するメリットの1つ目に挙げられるのは、メッセージを伝えられることです。
例えば、ドアの前に入店を促すフロアシールを貼っておくことで、お店があることをアピールできます。
また、店内であっても注意してほしいことや宣伝したいことがある場合、フロアシールを活用することで伝えられます。

*人の動きをコントロールできる

2つ目のメリットとしては人の動きをコントロールできることが挙げられます。
足跡のデザインのフロアシールを立ち止まってほしい場所に貼ることで、自然と人はその場所に待機しやすくなります。
感覚的に理解でき、口頭での説明が不要になるため便利なものと言えますね。

□フロアシールが新型コロナウイルスの対策につながる理由とは

先ほどは、フロアシールを活用するメリットについてご紹介しました。
ここからは、フロアシールが新型コロナウイルス対策につながる理由についてご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の主な感染経路は、接触感染と飛沫感染と言われています。
そのため、マスクで飛沫の拡散を防止するほかに、人との接触をなるべく避ける必要があります。

その際の距離として目安となるのが、「ソーシャルディスタンス」です。
これは感染を防止するためにとっておきたい人との距離を指します。
具体的な距離としては、最低でも1メートル、できれば2メートルほどの距離をとることを推奨されています。

フロアシールを活用することでこの距離を保つことができ、新型コロナウイルスの対策につながる可能性があります。

このような理由から、フロアシールが最近特に活用されているのです。
当社においてもフロアシールを販売しておりますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

□まとめ

今回は、フロアシールがコロナ対策に有効である理由について詳しくご紹介しました。
フロアシールを床に貼ることで、口頭で説明しなくても、人の動きをコントロールできます。
ソーシャルディスタンスを保つ上で重要な役割を果たすため、ぜひ活用してみてくださいね。

Designed by macrovector / Freepik