コロナ禍の飲食店ではソーシャルディスタンスの確保が大切!感染防止のアイデアも紹介

「コロナ禍ではソーシャルディスタンスの確保が重要と聞くけど、どれくらい距離を確保したら良いのかな。」
「感染拡大を防止するためのアイデアを知りたい。」

飲食店を経営している方で、このようにお考えの方は多いと思います。
今回は、ソーシャルディスタンスを確保する重要性と飛沫感染のアイデアを解説します。

□感染症防止対策としてできる基本的なこととは

コロナウイルスは、接触感染と飛沫感染で発症すると言われています。
そのため、この両者に対するアプローチをすることが重要です。

接触感染を防ぐためには、手指の消毒、他人が触れている可能性のある場所を定期的に消毒する、ウイルスが付着している可能性があるものをなるべく触れないようにするための仕組みを導入するといったことが効果的です。

特に、消毒液を店の入り口だけでなく、店内の数カ所に設置しておくだけでお客様に大きな安心感を与えられます。
ウイルスが付着している可能性があるものをなるべく触れさせないようにするための仕組みとしては、キャッシュレス決済を導入する、非接触型検温器を使用するといったことが考えられます。

また、飛沫感染を防ぐためには、マスクを着用する、定期的に換気を行う、ソーシャルディスタンスを適切に確保することが重要です。
くしゃみをした際は3メートル程度、咳をした時は2メートルほど口から飛沫が飛ぶと言われています。
これを考慮して人と人との距離感を考えていきましょう。

当社は、お客様に適切な距離を保ってもらうよう誘導するための誘導シールを販売しています。
凹凸がない場所であれば、どこにでも貼れるという特徴があります。
また、4色カラーを用意しているので、店舗に合わせて目立つものを選んでいただけます。

□飲食店における飛沫感染を防止するためにできることとは

飲食店が実施しておきたい対策方法としては、フェイスガードの着用、パーテーションの設置、客席への配慮が挙げられます。

フェイスガードやパーテーションを活用することで、飛沫の飛散を大幅に抑制できます。
また、座席と座席の距離を2メートル以上空けることで、お客様にも安心して食事をしていただけるので是非参考にしてみてください。

□まとめ

感染拡大を防止するためには、検温の実施と三密の防止が効果的であるとお伝えしました。
その中でも、ソーシャルディスタンスを確保することは三密防止に効果があります。
飛沫感染を防ぐために、実施できる対策は数多くあります。
今回解説したことを活かしていただけたら幸いです。

Designed by Freepik