コロナ禍でも集客を成功させるには?アイデアや感染症対策を紹介します

コロナ禍での集客方法がわからずお困りの方は多いと思います。
街の人手が減っており、依然厳しい状況ですが適切な対応をすれば集客することは可能です。
では、何をすれば人が集まる店舗にできるのでしょうか。
今回は、コロナ禍における集客方法や感染症対策の方法について解説します。

□店舗型ビジネスを成功させるためにはオンラインの活用が不可欠

コロナ禍では、外出をする機会がそもそも減っているためオンライン上での宣伝が不可欠です。
具体的にどのようなことができるのか以下で解説します。

*Webサイトを活用する

今や、ほとんどの人がインターネットを使用する時代です。
そのため、Webサイトを効果的に活用できれば多くの人を集められることが期待できます。
まだWebサイトを持っていない方は新しく作成する、すでに持っている方は既存のサイトを更新して充実させることから始めてみましょう。

また、Webサイトから集客を狙う際は、SNSと併用することをおすすめします。
なぜならツイッターやインスタグラムを使用している人は多く、拡散機能や友達登録の機能によって気軽に閲覧してもらえるからです。

*ECサイトを運用する

ECサイトとは、店舗に行かなくてもインターネット上で商品やサービスの購入ができるサイトのことを指します。
コロナが怖くて外出を躊躇っている人でも、その店の商品が欲しいと考えている方は多いです。
そのような方に向けてオンライン上で商品の販売を行えば、購入してくれる可能性は高いと言えるでしょう。

□店舗で接客をする際の感染防止対策について

オンラインを活用して、今の時代に適応することも重要ですが、同時に店舗で感染防止対策をしっかりと行うことも重要です。
そこで、簡単にできる感染防止対策をいくつか紹介します。

*レジ整列時のソーシャルディスタンスを確保する

レジに整列している時はどうしてもお客様同士の距離が近くなりやすいです。
床や壁に誘導シールを貼っておくことで、一定距離を保てるでしょう。
当社は、10枚セットの誘導シールの販売を行っています。
4色展開で、凹凸がない場所であればどこにでも貼れるので、どのような方でも使用していただけます。

*レジやカウンターにパーテーションを設置する

コロナは飛沫感染によって拡大します。
そのためパーテーションを設置することで飛沫感染防止につながります。

□まとめ

店舗型ビジネスでこの時期でも成功を収めるためにはオンラインをうまく活用することが大切です。
Webサイトを運用したり、ECサイトを活用したりすることはこの時期もはや必須とも言えるでしょう。
もちろん店舗で十分な感染症対策をしていることは前提ですので、本記事を参考に取り組んでみてください。

Designed by Freepik