コロナ禍の接客で気をつけるべきこととは?アイデアを紹介します!

コロナ禍で、お客様になるべく不快感を与えたくないと考える方はいらっしゃいませんか。
しかし、感染防止のためのアイデアが思い浮かばず、お困りの方も多いと思います。
適切な対策をするためには、基本の理解が必要です。
今回は接客業をしている方に向けて、気をつけたいアイデアと将来を見据えてすべき対策を解説します。

□接客業でお客様に嫌な思いをさせないためにできるアイデアとは

*従業員やお客様の健康管理を徹底する

従業員の中で体調が悪い方がいた場合、お客様は安心して来店できません。
入店前に検温を行い、37.5度以上であれば出勤しないよう決めておくことが重要です。
また、手洗いやうがい、マスクの着用も義務付けておきましょう。

従業員だけでなく、お客様の健康状態を確認することも大切です。
入店前の検温、マスクの着用、他にどこか体に異変がないかのチェックをすることは、安心できる環境づくりにつながります。
検温をする際は、非接触型の検温機がおすすめです。

従業員、お客様の中には、マスクを忘れてきてしまう方がいるかもしれません。
そのような方に向けてマスクを店舗で別途用意しておくのも良いアイデアです。
当社は、不織布マスクを200枚、1000枚、2500枚のセットで販売しています。
3層構造で飛沫防止の性能が高いだけではなく、誰でも使用できる男女兼用サイズをご用意しております。
是非1度購入を検討してみてはいかがでしょうか。

*アルコール消毒液を増設する

1カ所だけでなく、数カ所にアルコール消毒液を設置しておくことも効果的です。
アルコール消毒液を増設することは、衛生面に配慮しているアピールにもなり、お客様の安心感獲得にもつながります。

□将来的に集客するためにしておくべき対策とは

今後も継続して事業を行うと決めている方がほとんどだと思います。
未来に向けた準備もしていきたいですよね。
そのためには、お客様にその日を待ち遠しく思ってもらえるような取り組みを考えてみましょう。

SNSで新作の準備をしていることをアピールしたり、クーポンを用意していることを告知したりとアイデアは多くあります。
自店にお客様が来たくなるアイデアを考えてみましょう。

□まとめ

コロナ禍でお客様に不快な思いをさせないためには、非接触検温機を導入する、アルコール消毒液を数カ所に設置するといった細かい配慮が欠かせません。
自分をお客様の立場に置いて対策方法を考えると、アイデアが出てきやすくなるかもしれません。
加えて、コロナ後の活動に向けての準備もしていきましょう。

Designed by Freepik