コロナ禍でお店を経営している方へ!店舗を換気する理由とその方法を紹介!

コロナ禍で店舗を経営されている方なら、換気をすることが重要と聞いたことがあるでしょう。
しかし、その本当の意味を知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、換気が大切な理由と効果的な換気方法について解説します。
換気以外でもやっておきたい感染防止対策についてもご確認ください。

□換気が大切な理由と効果的な換気方法について

飲食店をはじめとする店舗は、どうしても閉鎖的な空間になってしまうため空気がほとんど入れ替わらないことが多いです。
それは換気扇を使用してもあまり改善されないため、窓を開けて意識的に換気しないと同じ空気がずっとたまってしまうのです。
人の口から出る飛沫を他の人が体内に取り込んでしまうことでコロナに感染してしまうので、このような状態は感染防止の観点から必ず避ける必要があります。

厚生労働省によると、1時間に2回窓を全開にして換気を行うことが密閉空間で効果的な換気方法だと言われています。
回数が多く大変かと思いますが、できる限りこの回数で換気を行ってみてください。

□換気以外に行うべき感染防止対策と役立つグッズについて

続いて、換気以外にも効果的な感染防止対策について解説します。

世間でも言われているように、三密を避けることが重要です。
人と人との距離を空けるために座席の位置を工夫したり、パーテーションを活用したりすることで比較的三密は避けられます。

また、店舗内だけでなく入店前からも対策は必要で、入店前のお客様に検温とマスクの着用を義務付けることをおすすめします。
検温の際、37.5度を超える場合は入店をお断りするのが一般的です。

この時、当社も販売している非接触型赤外線温度計を使用するのがおすすめです。
なぜなら人に触れることなく、赤外線を通して体温を計測できるため衛生的だからです。
また、赤外線を当てたら瞬間的に体温を測定できるので店の前で行列ができてしまうといったことも防げます。

人肌測定モードと表面温度測定モードの2つがあるので、用途に応じて使い分けができるのもこの商品の特徴です。
是非一度購入を検討してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

換気の重要性について、理由とともに理解していただけましたか。
ただ換気をするのではなく、やはり目的や原理を知っておくとそれだけ良い効果を得られることと思います。
今までなんとなく換気をしていた人は、今回の記事を参考により効果的な方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

Designed by pikisuperstar / Freepik