コロナ禍で意識すべき接客方法とは?飲食店で使えるグッズも紹介!

コロナ禍で店舗を経営している方にとって、どのような方法で接客をすれば良いのか悩まれている方は多くいらっしゃると思います。
多くの人が感染症に対して神経質になっており、接客といった対応が難しい状況です。
そこで今回は、コロナ禍における接客方法や飲食店で使える感染防止対策グッズを紹介します。

□飲食店で意識したい接客方法について

感染防止のための重要なポイントとして、ソーシャルディスタンスを確保すること、国や地方自治体の最新情報を積極的に得ることが挙げられます。
また、店舗全体として、しっかりと対策を行い、それをアピールすることも大切です。
食品の安全と衛生管理、店舗や施設の清掃と消毒、従業員の健康チェックと衛生管理の徹底、社会的距離の設定と確保に向けた工夫、この4項目を重点的に確認しましょう。

また、お客様の安全を守ることも飲食店には求められています。
店舗入り口で検温や体調チェックを行い、感染の疑いがある方の入店を拒否する、入店の前の消毒を念入りにしてもらう、食事中以外はマスクを着用してもらう、といったことを徹底していただけるよう働きかけることが重要です。

□飲食店で使える非接触型感染防止対策グッズについて

飲食店で意識したい接客方法について解説しましたが、感染防止対策グッズを同時に使用することでさらにお客様の安全を確保できるようになるでしょう。
そこでいくつかコロナ対策に役立つグッズをご紹介します。

*非接触ディスペンサー

こちらの商品は、自動で消毒液を手指に吹きかけてくれる装置です。
スイッチを押す必要がなく、手をかざすだけで手指を消毒できるので、とても衛生的です。

当社は、霧吹きタイプのオートディスペンサーの販売も行っています。
もちろんセンサー式なので手を触れることなく消毒液を使用できます。
加えて350ミリリットルと大容量であるため交換の手間も減らせます。

*非接触型検温器

検温器も、他の人に触れたものを何回も使用することは衛生的とは言えません。
こちらの商品を使用すれば、顔をかざす、おでこに赤外線を当てるだけで体温を測れます。

□まとめ

今回は、コロナ禍における接客方法や、感染防止対策グッズについて紹介しましたが理解していただけましたか。
初めての経験でどのような対応をしていけば良いのか困っている方も多いと思いますが、そのような方の参考になれば幸いです。
当社は多く感染防止対策グッズを販売しているので是非ご確認ください。

Designed by Freepik