コロナ禍でも好調な飲食店の特徴とは?売上を上げるためのポイントも紹介!

コロナの流行により、飲食店の経営が難しいと感じている人が多い一方で、売り上げが好調な飲食店も存在しています。
伸び悩んでいる飲食店と、売り上げ好調の飲食店にはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、コロナ対策に成功している飲食店の実例や、コロナ禍でも売り上げを伸ばすためのポイントを解説します。

□飲食店の新型コロナ対策の成功事例について

代々木周辺にあるとあるレストランでは、コロナ禍でも柔軟な対策を講じたことで、売り上げを2倍近く増やすことに成功したそうです。
こちらの店舗では、お店のレシピをツイッターやノートを利用して無料で公開したり、オンラインサロンで料理教室を開催したりするといった取り組みを行いました。
これにより、緊急事態宣言で外出できない時は自宅でレシピを試してもらい、明けた後に本当の味を体験したいとお客様に思ってもらうことに成功したようです。

また、表参道にある飲食店は、感染症が拡大してすぐに完全休業を発表し、代わりにオンラインショップで加工食品を販売したようです。
お店の味をお家で手軽に体験できることからこの作戦が功を奏したと言えるでしょう。

これらの成功事例からコロナ禍でも発想次第で売り上げを伸ばすことを証明してくれています。
共通して感染症対策をしっかりと実行できていることが成功の要因であると考えられます。

□コロナ禍で売り上げを伸ばすためのポイントについて

コロナ禍でも売り上げを伸ばすための方法を知りたくはありませんか。
今回は、手軽に取り組める方法をいくつか紹介します。

*感染防止対策を徹底する

当たり前ですが、これを徹底できていない店舗は、お客様を十分に呼び込めません。
三密を回避することが重要ですが、店内、店頭に消毒液を設置し、気軽に手指を清潔な状態にできる環境を用意したり、パーテーションを効果的に設置して飛沫を防いだりすることも同じく重要です。

当社は、接触しなくても消毒液を利用できるオートディスペンサーやお客様の用途に応じてサイズを選択していただけるパーテーションの販売も行っているので是非ご検討ください。

*テイクアウトやデリバリーを実施する

コロナ禍では三密を避けることが重要なので、店内飲食を避ける方が増えています。
そのような方にもお店を利用してもらうためには、テイクアウトの導入が効果的です。

□まとめ

コロナ禍でも売り上げを伸ばすことに成功している飲食店には、相応の理由があることを知っていただけたのではないでしょうか。
すべきこと、できることは多くありますが、やはりコロナ対策をしっかりと行い、それをアピールすることがこのご時世では非常に重要になるでしょう。
本記事が皆さんの役に立てば幸いです。

Designed by macrovector / Freepik