コロナ対策してない飲食店ができる対策方法とは

飲食店を経営されている方の中には、どのような対策をすれば良いのか分からず困っていらっしゃる方も多いと思います。
コロナ禍では、やはり対策してない店舗はお客様に不安を感じさせてしまい、集客で悩んでしまうことが予想されます。
そこで今回は、飲食店でできるコロナの対策について詳しく解説します。

□現在ほとんどの飲食店がコロナ対策をしている

コロナ禍で時短営業が強いられるなどして、特に苦しい状況にあるのが飲食店ではないでしょうか。
多くの飲食店は日本フードサービス協会が掲げる、「外食業の事情継続のためのガイドライン」に沿って感染症対策を行っています。

インターネットを活用して2020年1月18日から1月20日までの期間で飲食店経営者537名に調査を行った結果、95.7%の飲食店がコロナ対策をできていると回答しました。
お客様の立場になって考えると、やはり対策がされていない飲食店よりも、対策がしっかりとされている飲食店に行きたいと考えるのが当然でしょう。
コロナ禍でも集客をするためには、いかにしっかりと対策を行うことが重要か分かります。

□コロナの感染拡大を予防するために飲食店ができること

とはいえ、どのような対策をすれば良いか分からない方も多いと思うので、具体的な方法について解説します。

*消毒の徹底

入店時や店内で、気軽に手指を消毒できるように消毒液を設置することはコロナ対策のために非常に効果的です。
いつでも気軽に消毒できることが、お客様の安心感にもつながります。

また、お客様の入れ替え時に机やドアノブを消毒することも重要です。
そのときにアルコールを使用する際は、70%以上のものを利用する必要があります。

当社は、除菌剤を多く取り扱っています。
用途に応じてシートのものや、スプレー型のものをお選びいただけます。
また、店外にあると嬉しい非接触型のオートディスペンサーも取り扱っています。
ぜひ一度ご確認ください。

*客席間に十分な間隔を空ける

お客様とお客様との間に十分な間隔を設けることもとても重要です。
コロナ対策には、三密を回避することが重要だと言われています。
机の位置や、座って良い場所の指定をすることで、客席間に十分なスペースを確保できるよう工夫しましょう。

□まとめ

コロナが流行し始めてから時間が経ち、ほとんどの飲食店をはじめとする店舗が対策をするようになりました。
そのような状況の中、対策ができていない店舗はお客様に不安を感じさせてしまうでしょう。
どのような対策を取れば良いのか分からない方は、今回の記事を参考にしてみてください。

Designed by Freepik