新型コロナウイルスで接客にも気遣いが大事?接客のポイントを解説します!

コロナ禍でもお客様に入店してもらうためには、接客の際の気遣いが非常に重要になってきます。
気遣いが重要であることは誰でも理解していることだと思いますが、実際にどのような点に気を配るべきなのか分からない方は多いと思います。
そこで今回は、コロナ禍において接客で必要な気遣いについて詳しく解説します。

□マスクを着用して接客する際のポイントについて

マスクを着用して接客する際は、着用しない時と異なるポイントを意識する必要があります。
今回は、マスクを着用しながら接客する際に意識して欲しいポイントを4つ解説します。

1つ目のポイントは、清潔感のある身だしなみにしておくことです。
髪型や服装などはもちろんですが、マスクが汚れていないか、手元が汚れていないかもコロナ禍ではより注意する必要があります。
こまめに手洗いや消毒をすることも欠かさず行ってください。

2つ目のポイントは、お客様との距離を取ることです。
マスクをしていればある程度の飛沫を防げますが完璧ではありません。
コロナ対策で重要な考え方として、三密を回避することが提唱されています。
人との距離が近くなってしまうと、飛沫感染、接触感染のリスクが高まってしまうからです。

3つ目のポイントは、目元の笑顔を意識することです。
感情を表現しやすい口元が隠れているので、普段よりも目元で感情を伝える必要があります。
目元だけ笑顔を作るのは難しいので、いつもより大きく感情を表現してみてください。

4つ目のポイントは、聞き取りやすい話し方をすることです。
マスクをしていると、声がこもって聞き取りにくくなってしまいます。
いつもより大きい声で、はっきりと話す練習をしておきましょう。

当社では、不織布マスクの販売も行っています。
3層構造であり、高い飛沫防止効果があります。
最大で2500枚での販売を行っているので、ぜひ購入をご検討ください。

□コロナ禍だからこそ必要な気遣いについて

コロナ禍だからこそ必要な気遣いは、常に相手の気持ちになって考えることでしょう。
不安を抱えながら外出しているお客様はとても多いです。
そのような方達に安心感を与えられるかどうかは、常に相手の気持ちを考えて、適切な行動をすることが重要です。

□まとめ

今回は、コロナ禍において接客で必要な気遣いについて解説しました。
これまでの生活とは異なり、マスクを着用することが当たり前なので、清潔感のある身だしなみを心がけたり、相手が聞き取りやすい話し方をしたりというような工夫が重要です。
接客をする際は、今回の記事で解説したことを意識してみてください。

Designed by pikisuperstar / Freepik