コロナで集客方法が分からない!お悩みの方必見です!

集客するという行為はとても難しいことですが、コロナが流行り出してからより難しくなったと感じている方は多くいらっしゃるでしょう。
もちろん集客の本質はコロナが流行る以前から変わらないですが、それでもこのご時世に合わせた方法を知ることは重要です。
今回は、コロナ禍における集客方法について解説します。

□コロナにおける状況の変化について

コロナが流行りだしてから、お客様が気になっている店がしっかりとコロナ対策をしているかどうかを調べるようになりました。
そのため、感染防止対策をしっかりしているとうまく伝えられたら、集客できる可能性が高まるでしょう。
実際、うまく伝えられず、集客に失敗している店舗が多いと言われています。

それぞれの都道府県指定の認定マークを店に貼ってアピールすることもあると思いますが、それだけではあまり効果は得られません。
そこでおすすめなのが、googleマップや食べログなどのページを利用することです。

デジタル化が進んでいる昨今では、インターネットを利用して店の情報を調べる方も多いです。
そこで、このようなページで、コロナ対策をしていると伝えればお客様に安心を効果的に伝えられるでしょう。

□コロナ禍でも店舗に足を運んでもらう動機付けについて

コロナ禍においては適切な対策をし、それをアピールすることが重要ですが、それと同様にお客様に「この店舗に行きたい。」と思わせることも重要です。
そこで、お客様に足を運んでもらうために効果的な動機付けの考え方について紹介します。

*店舗でしかできない体験をしたいと思わせる

お客様がしたいと思っている体験が店舗でしかできない場合は、その店に足を運ぶ大きなきっかけになります。
例えば、筋トレを日課にしている方にとって、マシーンを使用したトレーニングを家で行うことはどうしても難しくなってしまいます。

また、インスタグラムなどで美味しそうな食べ物を見たら、店に訪れて食べてみたいと思う方が多いでしょう。
集客において、その店でできる体験をアピールすることは効果的な方法の1つです。

*お店を好きになってもらう

好きなお店であれば、コロナの時期であっても訪れたいと思う方は多いです。
1回も店に訪れたことがなくても、SNSやブログ、YouTubeを利用して店のアピールをして店のファンになってもらうことも効果的な方法と言えるでしょう。

□まとめ

コロナ対策をしていることを適切にアピールし、集客に成功することを願っています。
当社は、コロナ対策に効果的なパーテーションの販売も行っています。
サイズ、高さなどをはじめとして様々な種類のものを用意しているのでお客様にあったものを提供できます。
ぜひ一度ご検討ください。

Designed by Freepik