コロナで飲食店がすべき取り組みについてご紹介します

コロナ禍で苦戦を強いられている飲食店は少なくありません。
感染防止対策をしながら営業しているものの、いつまで対策をすれば良いのか、どのような取り組みをすれば良いのか分からずお悩みの方も多いでしょう。
そこで今回は、コロナ対策が必要となる期間と取り組むべき対策についてご紹介します。

□飲食店でコロナ対策が必要となる期間とは

飲食店を経営されている方の中には、いつまでコロナ対策をすれば良いのか分からずお悩みの方も多いでしょう。
専門家の方々によると、コロナウイルスの感染拡大は国内で1年、世界的には2年続くと言われています。

では、1、2年で対策が不要になるのでしょうか。
おそらく不要にはならないでしょう。
コロナウイルスの流行によって人々の生活様式は大きく変わりました。
そのため、コロナ禍だけではなくコロナ後もずっと続けられる感染症対策や、感染リスクを最小限に抑える努力を続けることが求められるでしょう

つまり、コロナ後も感染症対策が求められる可能性が高いため、最悪の事態を見越した長期的な目線での対策が必要になってきます

□飲食店が取り組むべき対策とは

ここでは、飲食店が取り組むべきコロナ対策として代表的なものを3つご紹介します。

まず1つ目は、検温の実施です。
従業員がウイルスを持ち込まないように、出勤前の検温を義務づけましょう。
また、お客様の来店時にも検温を実施できるとなお良いでしょう。

2つ目は、3密の防止です。
新型コロナウイルス対策において、やはり3密の防止は必須です。
換気やソーシャルディスタンスの確保を徹底し、3密を回避しましょう。

3つ目は、飛沫感染の防止です。
新型コロナウイルスは飛沫感染によって感染する場合がほとんどです。
感染者が咳やくしゃみをする際にウイルスが放出され、そのウイルスを鼻や口から吸い込むことによって感染が広がります。

これを防ぐには、マスクの着用はもちろん、フェイスシールドの利用やパーテーションの設置が有効です。
特に飲食店では、会話や食事の際にウイルスを飛散させてしまう可能性が高いため、席の間やレジにパーテーションを設置すれば、効果的に感染対策ができるでしょう。

当社では、様々なサイズのパーテーションを扱っており、効果的な感染防止対策を手助けいたします。

□まとめ

コロナ対策が必要となる期間と取り組むべき対策についてご紹介しました。
多くの店舗がコロナの影響を受ける中で、感染防止対策はますます大切になってくるでしょう。

当社では、パーテーションをはじめとした様々な感染予防グッズを取り扱っております。
ご興味のある方は、ぜひ一度当社までお問い合わせください。

Designed by Freepik