コロナでの集客は見える化が大事?詳しくご紹介します

「コロナ禍によって集客力に不安を感じる」
「外出する際のお店選びの基準を知りたい」
このような悩みをお持ちの方はいませんか。
今回の記事では、コロナ禍によってお店選びの基準がどのように変化したのか、また感染症対策をする際に意識するべきポイントをご紹介します。

□コロナ禍によりお店選びの基準が変わった?

新型コロナウイルス感染防止のために、多くのお店で新たな施策を取り入れています。
ここでは、インターネット調査の結果をもとに、お店選びの基準がどのように変化したのかご紹介します。

「お店選びの際に意識していることはなんですか」という問いに対する回答は以下の通りです。

・少人数で利用する(58.0%)
・密が避けられるお店を選ぶ(56.4%)
・長時間滞在しない(45.7%)
・衛生管理を徹底しているお店を選ぶ(42.4%)
・換気の良いお店を選ぶ(37.7%)

これらから、ソーシャルディスタンスの確保や衛生管理の徹底がお店選びの重要なポイントになることがわかります。
SNSや自店舗の公式サイトを通して、新型コロナウイルスに対する取り組みを積極的にアピールすることも、集客に有効な手段と言えるでしょう。

□感染症対策の「見える化」が重要!

人によって考えはさまざまですが、現在消費者の多くは「外出はしたいけど、コロナに感染したくない」と考えているでしょう。
先ほど紹介したように、これまで以上に安全で安心できる空間を求めているのです。
ここでは、感染症対策で意識するべきポイントをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染が流行し始めた2020年にお店が取り入れた対策は、主に以下のようなことでしょう。

・混雑を避けるための列制限や入場制限
・マスクなしの入店お断りの張り紙
・換気の徹底

そこで2021年は、徹底した衛生管理を消費者に宣言することが重要です。
お客様に安心感を与え、安心の「見える化」を宣伝しましょう。
当社では衛生管理の「見える化」に役立つ感染症対策アイテムを数多く用意しております。

具体的には、以下のようなアイテムを扱っています。

・ラミネートポップやプレート看板
・非接触式手指消毒器
・誘導シール
・非接触型赤外線温度計
・パーテーション
・デジタルサイネージ

ラミネートポップやプレート看板は、アルコール消毒を促したり、座席間隔を広げたりするために役立つでしょう。
また、パーテーションを用いて飛沫感染を予防したり、誘導シールでソーシャルディスタンスの確保を促したりできます。
このほかにもさまざまなアイテムを取り扱っていますので、ぜひ確認してみてください。

□まとめ

今回の記事では、コロナ禍によってどのようにお店選びの基準が変化したのか、また感染症対策の意識するべきポイントをご紹介しました。
集客力に不安があるという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

Designed by Freepik