コロナ下で飲食店を経営している方必見!客足が戻る店の特徴とは?

コロナ下で飲食店を経営している方はいらっしゃいませんか。
飲食店を経営している方はコロナの影響を受け、売り上げも下がり、店が潰れてしまわないか不安になってしまいますよね。
そこで今回は、生き残るために客足が戻る店の特徴をご紹介します。

□客足が戻る店と戻らない店の特徴とは?

コロナの状況で、多くの飲食店の客足が減っているのが現状です。
一方で、客足が戻りつつある店もあります。
そこでここでは、客足が戻る店と戻らない店の特徴の違いについて紹介します。

まず、業態で見てみると、焼き肉店は比較的客足の戻りが良いです。
焼き肉店の客足の戻りが良い理由としては、常に換気されているイメージがあることと、自宅では匂いなどが気になりなかなか行えないということが挙げられます。

他にも、普段の状況から常連客が多い店は比較的戻りやすいでしょう。

店舗運営においては、品質、サービス、清潔のQSCが良い店の方が、客足の戻りが早いとされています。
基本的な清潔さに加えて、コロナ禍ならではの対策を徹底して行っているかということを、消費者にアピールできているかどうかも鍵になりますね。

□客足を戻すために大切なこととは?

上記では、客足が戻る店と戻らない店の特徴を紹介しました。
では、客足を戻すためにはどのようなことを行うと良いのでしょうか。
ここでは、客足を戻すために重要なポイントについて紹介します。

重要なことは、積極的にコロナ対策を行っているということを発信することです。
情報発信の方法の1つとしては、自治体が発行しているステッカーを利用することが挙げられます。
多くの自治体で、感染防止宣言ステッカーを交付しているため、ご自身の自治体の情報を確認してステッカーをもらいましょう。
自治体のステッカーということで、顧客からは、安心感や信頼感を得られますよね。

コロナ対策ステッカーというものは、コロナ対策の見える化のわかりやすい例といえるでしょう。
当社でも販売しているため、うまく使用して、顧客に対策が万全だということをアピールしていきましょう。
客足を戻すためのお力になれれば幸いです。

□まとめ

今回は、客足が戻る店の特徴と客足を戻すための方法について紹介しました。
業態によって戻りやすさは異なりますが、情報の発信などのできることを最大限行い、顧客が安心できる空間づくりを目指しましょう。
客足を戻すための取り組みをお考えの際には、この記事を参考にしていただければ幸いです。

Designed by macrovector / Freepik