コロナ禍での店舗集客で重要なこととは?解説します!

コロナ禍での店舗集客にお困りの方はいらっしゃいませんか。
感染対策を取り入れた新しい経営スタイルが求められる中、苦戦を強いられる店舗も少なくないでしょう。
では、どのような方法で集客を行えば良いのでしょうか。
この記事では、コロナ禍における来客数の変化と集客の方法についてご紹介します。

□コロナ禍における来客数の変化とは

コロナ禍では、多くの店舗で売上や来客数が大幅に減少しています。
アパレル、市区町村、病院、学校、観光会社の経営者1,034人を対象に実施したアンケート調査によると、対象者の35.8パーセントがコロナ禍で来店数が減少したと答え、32.7パーセントがコロナ禍で売上が減少したと答えました。

顧客側としては、店舗に行きたいとは思うものの、感染リスクを考えるとなかなか行けないという方が多いでしょう。
また、コロナの影響でライフスタイルが変化し、そもそも行きたいと思わない方も一定数いらっしゃいます。

このような流れから、多くの店舗で苦戦を強いられているのです。

□コロナ禍で行うべき集客の方法とは

コロナ禍では、店舗営業においてニューノーマルな形態への変化が求められています。
そんな中、多くの店舗で様々な集客が行われています。
ここでは、飲食店での集客を例に挙げて解説します。

まず、多くの店舗でWebを使った集客が行われています。
メールやSNSを使って来店を促すメッセージを送ったり、クーポンを配布したりして集客の増加を促します。

また、テイクアウト対応も多くの店舗で取り入れられています。
テイクアウトの実施は、店内での感染に不安を抱く顧客に対して効果的です。
また、テイクアウト数を増やせば、感染予防のために客席数を減らしてもマイナスにならずに済みます。

他にも様々な方法で集客が行われていますが、集客する上で最も大切なことは、感染防止対策の実施です。
消毒や換気、ソーシャルディスタンスの徹底が求められます。
加えて、対策の実施状況を顧客に対して積極的に発信していくことも重要になります。

情報を発信する際には、オンラインとオフラインの両方で発信していきましょう。
オフラインでの情報発信には、ステッカーが効果的です。

当社では、様々な多目的ステッカーを取り扱っており、効果的な情報発信を手助けいたします。

□まとめ

コロナ禍における来店客数の変化と集客の方法についてご紹介しました。
多くの店舗が集客に苦戦を強いられる中で、感染防止対策がますます重要になってくるでしょう。

当社では、多目的ステッカーだけでなく様々な感染予防グッズを取り扱っております。
お困りのことがございましたら、ぜひ当社までご相談ください。

Designed by vectorpocket / Freepik