コロナ下で飲食店が生き残るにはどうすれば良いのかご紹介します!

コロナの中、多くの飲食店が大きな影響を受けていますよね。
この状況の中、どのような対策をすれば生き残れるのでしょうか。
そこで今回は、飲食店が営業を続けられるにはどのようなことをすると良いかを紹介します。

□多くの飲食店の悩みとは?

コロナの中で、多くの飲食店が売り上げの減少に悩まされていることを皆さんもご存知でしょう。
実際に、調査結果では飲食店の約9割が昨年よりも減少したと答えています。
これは、コロナの状況下で感染予防として、衛生面を気にする方が増加したためと言われています。
皆さんも、コロナが流行する前よりも外食する頻度が減っているのではないでしょうか。

加えて、コロナの期間が長く続くことで売り上げの減少が一時的ではなく、長期にわたってしまっています。
長期にわたる大幅な売り上げの減少は、飲食店にとっては大きなダメージになるでしょう。

□コロナの中で飲食店が営業を続けるために必要があることとは?

上記では、多くの飲食店で売り上げのダメージを受けていることがわかりましたね。
では、この時期に飲食店が営業を続けるためにする必要があることとはどのようなことなのでしょうか。
ここでは、必ずした方が良いことについて紹介します。

さまざまな対策がありますが、行うと良いこととして、安心と安全を見える化することが挙げられます。

例えば、従業員がマスクをしている店と、マスクをしていない店があるとします。
皆さんはどちらの店に入りたいと思いますか。
マスクをしていることが当たり前となっている今の時期、マスクをしていない従業員の店に対して悪い印象ができてしまいますよね。
マスクというものは、目に見てわかる感染予防対策であることがわかるでしょう。

他には、換気をする頻度を増やすことです。
決まった時間ごとに換気をしている店と、換気している様子が伺えない店があった際、どちらに安心して店に入ろうと思えますか。
換気を頻繁にしている店の方が、目に見えて予防対策していることがわかり、安心して店に入れますよね。
具体的な数値によって、安全を示すことが大切ですね。

これらの例から分かるように、数値やマスクなどの目に見えるものでコロナ対策をしていることを示すことが、飲食店のアピールポイントとなり、顧客の獲得につながるでしょう。

□まとめ

今回は、コロナ期間で売り上げが減少している飲食店の悩みと、営業を続ける方法について紹介しました。
飲食店の方は影で対策を行うだけでなく、積極的に表に出す、見える化を意識していきましょう。
コロナで悩みを抱えている飲食店の方に、この記事を参考にしていただければ幸いです。

Designed by macrovector / Freepik