コロナ禍の集客での消毒の重要性をご存知ですか?詳しくご紹介します

コロナ禍における集客にお悩みの方はいませんか。
これからの集客は「見える化」が重要になります。
今回の記事では、「感染症対策の見える化」の重要性と、手指を消毒するために適したアルコール濃度をご紹介します。
集客にお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□これからの感染症対策は見える化が重要!

ここでは、全国の男女を対象に行われた「感染症対策に関する意識調査」の結果をもとに、感染症対策は「見える化」が重要であることをご紹介します。

「感染症予防の取り組みは、お店選びの基準になりますか」といった問いに対して、82.5%の方が「はい」と回答しています。
これまでは、衛生関連の取り組みが集客に大きな影響を与えることはありませんでしたが、現在はほとんどの方が基準の一つとして意識しているようです。
今後、各社の感染症対策がどれだけ利用者にわかりやすく「見える化」されるかで、これからの社会を生き抜けるか決まってくると言っても過言ではないでしょう。

そんな時におすすめするのが、デジタルサイネージやパーテーション、ソーシャルディスタンスを守ってもらうための誘導シールなどを活用することです。
これらの感染症対策アイテムをうまく「見える化」して、お客さんに安心感を与えましょう。
そうすることで、他の店舗との差別化が可能になり、集客につながるのではないでしょうか。
当社では、感染症対策に活用できるさまざまなアイテムを用意しておりますので、何かお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

□消毒に適したアルコール濃度はどのくらい?

「アルコール濃度は高いほど良い」
このようにお考えの方はいませんか。
実は、80%以上のアルコールだと、効果が一気になくなるのです。
80%以上の濃度では、細胞膜やエンベロープなど、ウイルスなどの外壁の破壊が緩やかになり、ウイルスが死滅しにくくなります。

コロナウイルスはエンベロープという膜がある種で、この種は40%程度の濃度でも死滅するアルコールが効きやすいウイルス種に属します。
コロナウイルスに対する各研究機関やWHOが推奨するアルコール濃度は高濃度で、大体60%から80%前後で最も効果を発揮すると広報しています。

□まとめ

今回の記事では、コロナ禍における集客では消毒が重要であることをご紹介しました。
感染症対策をする際は他の店舗との差別化を図るために、「見える化」を意識してみてくださいね。
また、感染症対策のアイテムを導入してみたいと感じた際は、ぜひ当社にお任せください。

Designed by macrovector / Freepik