コロナでマスクをつけているが汚れてきた…適切な洗い方をご紹介します

「新型コロナウイルスの対策のためにマスクをつけているが汚れてきた」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
中には、不織布マスクを洗っている方もいらっしゃるでしょう。
それでは、マスクの適切な洗い方をご存知でしょうか。
今回は、コロナ対策でマスクをつけている方へ、適切な洗い方を紹介します。

□適切なマスクの洗い方について

使い捨てのマスクを使っていると、どうしても費用がかさむので何度も使用できる布マスクを着用している方は最近増えてきたのではないでしょう。
布マスクを利用している方の中でしっかりと洗えている方はどのくらいの数がいるのでしょうか。
ここからは布マスクの洗い方について紹介します。

まずは、洗剤や塩素系漂白剤、衣料用洗剤、ゴム手袋、清潔なタオル、プラスチックスプーンを用意してください。
これらを用意することで、生地の損傷や形崩れを防げます。

そして、まずは、衣料用洗剤で汚れやウイルス、花粉を落とします。
その後つけおき洗いを10分したのち、優しく押し洗いします。
そして、塩素系漂白剤で消毒と殺菌を行います。
その後また、ためすすぎを3回行います。

それが終われば、清潔なタオルで脱水します。
色や柄のあるマスクは色落ちする恐れがあることは押さえておきましょう。
また、衣料用洗剤と塩素系漂白剤は絶対に混ぜないでください。
これらを混ぜてしまうと大変危険なガスが発生するので覚えておきましょう。
さらに複数のマスクを同時に洗うことも避けてください。
1枚1枚、丁寧に洗いましょう。

□不織布マスクを洗う?

布マスクではなく不織布マスクを使っている方もいらっしゃいますよね。
不織布マスクを洗っている方はいらっしゃいますか。
しかし、不織布マスクを洗ってしまうと、中のフィルターが傷ついてしまうので洗うことはおすすめできません。

では洗わないかわりに消毒で済まそうと考える方もいらっしゃるでしょう。
こちらは一般的には推奨されていません。
静電気加工がされていたり、特殊な素材を使用したりしている場合は、それらに悪影響を与えることがあるからです。

□まとめ

今回は、コロナ対策でマスクをつけている方へ、適切な洗い方を紹介しました。
適切な洗い方、不織布マスクの特徴をご理解していただけたでしょうか。
紹介したマスクの洗い方を参考にして、しっかりと対策を施していきましょう。
また、不織布マスクを使用している方は、洗って何度も利用することはやめておきましょう。

Designed by Katemangostar / Freepik