コロナ対策でマスクをつけていると蒸れる!対策をご紹介します

新型コロナウイルス対策でマスクをつけているけど、蒸れが気になって困っている方はいらっしゃいませんか。
蒸れが気になるからといって、マスクは外せませんよね。
蒸れることによって肌が荒れて困っている方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、マスクをつけていて蒸れる場合の対策を紹介します。

□蒸れによる肌トラブルについて

コロナウイルスの対策としてマスクをつけていると、どうしてもマスクの内部が蒸れてしまいますよね。
しかし蒸れてしまうからといって、マスクは外せません。
そうしてマスクをつけているうちに肌が荒れてしまった方も多いですよね。

そもそもマスクをつけているとなぜ蒸れてしまうのでしょうか。
マスクはツバや飛沫を閉じ込める役割があります。
また、通気性は悪く、息に含まれる熱気や湿気、汗が内部に留まることで蒸れが発生します。

肌トラブルの原因は、マスク内部の蒸れだけではありません。
マスクと皮膚の摩擦によっては、肌は荒れてしまうでしょう。
蒸れによって柔らかくなった皮膚がマスクと擦れることで、肌トラブルが発生します。

□保湿を意識しよう

ここまではマスクをつけることによる肌トラブルについて紹介しました。
では、こうした肌トラブルを改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。
マスクを外せば済む話かもしれませんが、コロナウイルスの感染を防ぐためにマスクはつける必要がありますよね。
ここからは肌トラブルを改善するための方法を紹介します。

マスクによる肌トラブルの多くは、保湿することで改善されるでしょう。
蒸れているのだから保湿はいらないと思う方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、保湿と蒸れは全くの別物であることを覚えておきましょう。

皮膚が乾燥しやすい場合は、マスクをつける前に、保湿用のローションやクリームを塗るようにしてください。
また、皮脂が多い方は、ニキビ対応のローションを使用してください。

唇が荒れやすい場合は、リップクリームやワセリンで保湿を心がけましょう。

そして、マスクを外した後は、洗顔を忘れずに行ってください。
その後はしっかりと保湿ケアをしましょう。
こうしたケアを続ければ、マスクを着用していても肌トラブルは改善されます。

□まとめ

今回は、マスクをつけていて蒸れる場合の対策を紹介しました。
マスクをつけていると、マスクの中が蒸れて肌が荒れてしまうでしょう。
蒸れによる肌トラブルは、保湿をすることで改善されます。
保湿は皮膚のバリアー機能を回復させてくれるので、家に帰ってきたらとにかく保湿することを意識しましょう。

Designed by pikisuperstar / Freepik