コロナに対するアルコール消毒の効果をご紹介します

新型コロナウイルスの感染対策でアルコール消毒を使おうと思っている方はいらっしゃいませんか。
しかし、アルコール消毒を使っている方の中にも、本当に効果があるのか疑問に感じている方もいますよね。
そこで今回は、新型コロナウイルスに対するアルコール消毒の効果を紹介します。

□アルコール消毒の効果について

アルコール消毒は本当に効果があるのか疑問に思っている方は少なくないでしょう。
ここからはアルコール消毒が有効な理由を4つ紹介します。
それぞれについて詳しくみていきましょう。

1つ目は、殺菌力が高いことです。
アルコール消毒をたったの30秒することで、手指の細菌数を約3000の1まで減らし、1分後には、10000〜100000分の1にまで減らせます。
強い殺菌力はコロナウイルスに対して有効でしょう。

2つ目は、石鹸よりも手に優しいことです。
石鹸を繰り返し使用していて、手が荒れたという方はいらっしゃいませんか。
石鹸で手が荒れてしまうと、そこに菌が付着しやすくなります。
アルコール消毒は石鹸よりも手に優しいので、頻繁に使用しやすいです。

3つ目は、指を素早く乾燥させることです。
濡れた状態の手指には、病原体が付着しやすいです。
しかし、アルコール消毒はすぐさま手指を乾燥させられるため、病原体のつくリスクを減らせるでしょう。

4つ目は、手洗いの時間を短縮できることです。
手洗いにはどうしても時間がかかりますよね。
そうした時間を短縮できることもメリットの1つでしょう。

□使用上の注意点を紹介

ここまではアルコール消毒が有効な理由について紹介しました。
使用上の注意点を知りたいという方もいますよね。
ここからは使用する際の注意点をいくつか紹介します。

手を消毒すると病気を引き起こす病原体を撃退できます。
その一方で、皮膚に存在する常在菌と呼ばれる微生物の働きまで抑えてしまいます。

これらの微生物は、人と共存しており、健康を保ってくれています。
消毒を過度に使用すると、微生物の働きを阻害してしまうので、健康に害を及ぼす恐れもあるでしょう。
身の回りの微生物を攻撃することは、自分自身のバリアを失うことにもつながります。

アルコール消毒を過度に使用することは避けてくださいね。

□まとめ

今回は、新型コロナウイルスに対するアルコール消毒の効果を紹介しました。
アルコール消毒はコロナウイルスへの対策としては抜群の効果を誇っています。
積極的に利用して、感染症にかからないようにしましょう。

Designed by Freepik