コロナでマスクは必須!その保管方法についてご紹介します

「マスクの保管方法が知りたい」
「清潔な状態でマスクを保管するにはどうしたら良いかわからない」
このような悩みを抱えている方は多くいらっしゃいますよね。
そこで今回は、マスクの保管方法について紹介します。

□マスクの一時的な保管方法について

食事をするときにはマスクを外しますよね。
その際に、みなさんはどこにマスクを保管しますか。
ここでは、マスクの一時的な保管方法について紹介します。

まずは、やはり服のポケットに保管するという方法でしょう。
こちらは誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
つけたり外したりする回数が多い方や、ケースを持ち歩くのが面倒な方は、ポケットに入れて保管することが多いでしょう。
ポケットに入れておくと形が崩れてしまうのがデメリットですね。

次は、バッグに入れるという方法です。
こちらも良くある保管方法でしょう。
ポケットに入れるのに抵抗を感じている方はバッグに入れることが多いと思います。
しかし、マスクにはウイルスが付着しているので、バッグ内部のものが汚染される可能性があることは否定できません。

そして、マスクケースに入れるという方法もあります。
こちらは清潔に保管できそうですよね。
布やクリアファイルで手作りしている方も多いですよ。

マスクケースではなく、ジッパー付きのビニール袋に入れる方もいらっしゃいます。
ジッパーがついていることで、ウイルスが付着したり拡散したりする心配がありませんね。
簡単に開け閉めできて手軽に持ち運べることも利点といえるでしょう。

また、普通のビニール袋にしまう方もいますよね。
バッグに直で入れたくない方は、ビニールに入れてからバッグに入れているのでしょう。
こちらも使い捨てができ衛生的にも安心できますね。

□より良い保管方法は?

ここまではマスクの一時的な保管方法について紹介しました。
では、最も良い管理の方法はどれなのでしょうか。

実際、マスクは使い捨てものです。
一時的な保管方法によって感染が拡大するとは言いにくいでしょう。
そのため、どの手段でマスクを保管してもそれほど大きな差異がないと言えます。
ご自身の気に入った保管方法を選択すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、マスクの保管方法について紹介しました。
様々なマスクの保管方法を紹介したので、参考になった方も多いのではないでしょうか。
一時的な保存であれば、どれであってもそれほど差異はないようなので、ご自身の気に入った保管方法を採用しましょう。
当店では不織布マスク、布マスク、ウレタンマスクに対応したオリジナルのマスクケースを販売しています。
ぜひご検討ください。

Designed by Freepik