コロナでマスクを着用しているが、メイクが気になる…崩れない方法をご紹介

マスクを着用していると化粧崩れが気になりますよね。
マスクをつけていると、つけたり外したりする作業が必要になるので、摩擦によって肌荒れやメイク崩れが起きてしまうのです。
では、どのように対策すれば良いのでしょうか。
そこで、今回はマスク着用時のおすすめのメイク方法についてご紹介します。

□秋冬に肌荒れや化粧崩れが起きる?

マスクをつけているときの悩みはそこまで大きく変わりません。
マスクをつけていると着脱で発生した摩擦による肌荒れや化粧崩れなどの問題が考えられるでしょう。

しかし、秋冬にはさらに注意が必要です。
秋冬の最大の敵と考えられるのが、乾燥でしょう。
マスクの中は熱が篭りやすく、さらに湿気ている空気が存在しています。
しかし、カフェでコーヒーを飲むときや、外食をするときなどはマスクを外しますよね。
そうすると、冷えた外気に急に触れることになり、肌への負担がかなり増加します。

そのため、日常的にマスクをつけるようになった現在では、肌荒れや化粧崩れがさらに問題になるでしょう。
そこで、必要なのが保湿です。
肌への負担を最小限に抑えるためにも、例年よりもさらに保湿には力を注ぎましょう。

□マスク着用におすすめのメイクとは?

では、マスクをつけている時にはどのようにメイクをすれば良いのでしょうか。
以下で、詳しくご紹介します。

まずは、テカリを防止してくれたり、崩れにくかったりする下地を使用しましょう。
マスクによって生じる化粧崩れを防ぐためには、ベースメイクに使用するコスメ選びが重要と言われています。
マスクをつけると汗や皮脂だけではなく、摩擦や蒸気による化粧崩れが予想されます。
せっかく綺麗に化粧をしたのに崩れてしまうのは嫌ですよね。
そうならないためにも、テカリ防止や崩れにくい下地を使用しましょう。

また、肌をトーンアップする効果のある下地を使用するとさらに良いかもしれません。
テカリや皮脂崩れを防いでくれる下地は、トーンアップ効果のついているものを選択すると、顔のくすみや色を補正してくれます。
そうすると、顔も健康的に見えて、一石二鳥です。
また、ポイント別に乾燥する場所、皮脂の多い場所が分かれている場合には、ポイントづけのしやすいものを選ぶのも1つの手でしょう。

□まとめ

今回はマスク着用時の化粧崩れの対策についてご紹介しました。
女性の方はマスクの着用時に化粧崩れで不安になる方もいらっしゃると思います。
不安に思っている方は今回ご紹介した内容を参考にしてください。