コロナでマスクが必要だけど種類がわからない…そのような方にマスクの種類について紹介!

「コロナでマスクが必要だけどどれが良いかわからない。」
「そもそもどんな種類があるの。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
コロナウイルスが流行る前はマスクを使用する機会は少なかったため、あまり詳しくない方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はマスクの種類についてご紹介します。

□花粉対策のマスクではウイルスは防げない

ウイルス対策のマスクと花粉対策のマスクでは構造が異なることをご存知ですか。
実は、花粉対策用のマスクでは、ウイルスの侵入を十分に防げないのです。

ウイルス飛沫の状態では、花粉対策用のマスクでもウイルスの侵入を防げます。
ところが、マスクに付着したウイルス飛沫が乾燥してウイルス核になると、侵入を許してしまう恐れがあるのです。

ウイルス飛沫は、マスクに付着してから約2時間でウイルス核になるとされています。
2時間毎にマスクを取り替えていたら、一日に何枚もマスクが必要になってしまいますね。

つけていないよりはマシですが、使い方によってはウイルス対策にはなりません。
コロナ禍においては特に、ウイルス対策用のマスクを着用することをオススメします。

□マスクの種類にはどのようなものがあるのか

コロナ対策にはどのようなマスクを使うのが良いのでしょうか。
ここでは、マスクの種類について解説をしています。

1つ目にご紹介する種類がガーゼマスクです。
ガーゼマスクは保湿性と保温性の高さが特徴的で、肌にも優しいです。
しかし、ウイルス等の小さい粒子に対してはあまり効果がありません。
そのため、コロナ対策にはあまり向いていないでしょう。

2つ目にご紹介する種類がポリウレタンマスクです。
こちらは伸び縮みする素材でできており、肌にも優しいです。
立体型で、通気性もあるため息がしやすいでしょう。
しかし、ウイルスから守る効果はあまり期待できません。

3つ目にご紹介する種類が不織布マスクです。
不織布とは、繊維をおることなく、様々な方法で結合させることを意味します。
不織布マスクは、不織布自体を重ねたり、フィルターを用いたりすることで目の細かさを変えられます。
ウイルス対策用の不織布マスクも生産されているため、ぜひ購入を検討してみてください。

当社でも不織布マスクを販売しております。
不織布マスクをお買い求めの際はぜひ当社をご利用ください。

□まとめ

今回はマスクの種類についてご紹介しました。
マスクにはいくつか種類があり、種類によってはウイルスに対して効果が期待できないものあるため注意しましょう。
外出するときは、ウイルスを防ぐのに適したマスクを着用してコロナ対策をすることが大切ですね。