オフィスでどのようなコロナ対策をすれば良いの?詳しくご紹介します。

オフィスでのコロナ対策をお考えの方はいらっしゃいませんか。
オフィスは人がよく出入りするところなので、感染が気になりますよね。
しかし、何から始めれば良いのかわからない方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回はオフィスのコロナ対策についてご紹介します。

□オフィスでのコロナ対策

では、どのようにコロナ対策をすれば良いのでしょうか。
以下で、シチュエーションごとにご紹介します。
まず、勤務中です。
勤務中には、なるべく人との距離を保てるように人を配置しましょう。
また、仕切りを設けない場合には対面で座ることもNGです。
対面は飛沫感染の恐れがあるので、避けましょう。
そして、ゴミはこまめに回収することが大切です。
人の鼻水や唾液等がついたゴミに関しては感染してしまう恐れがあるので、ビニール袋を使用して密閉しましょう。
個人的にできることとして、手洗いがあるでしょう。
接触感染はやはり手から発生することが多いので、こまめな消毒や手洗いは大切です。
そして、勤務中にはマスクを着用しましょう。
そうすることで、周囲の人をウイルスから守れるでしょう。
次に、トイレです。
便器に関しては普段通りの清掃であまり問題はありません。
しかし、不特定多数の人が利用する場合には消毒清掃を行いましょう。
また、トイレの蓋を開けたまま排泄物を流すと感染の恐れがあります。
そのため、なるべく蓋を閉めてから流すように促しましょう。
最後に休憩スペースです。
休憩スペースには共有して使用するものが多いので、それらを定期的に消毒しましょう。
また、休憩スペースは密室になりがちなので、常に換気されている状態にしておくことも大切です。
そして、休憩スペースだと人との距離が近くなってしまいがちですよね。
そうならないためにも、一定の距離を保つような机や椅子の配置にするなどの工夫をしましょう。

□オフィスのコロナ対策にはパーテーションがおすすめ

オフィスのコロナ対策にはパーテーションが効果的です。
パーテーションは対面している人への飛沫を防止する効果があり、理由がありデスクを対面にする必要がある際にも問題ありません。
さらに、マスクと併用することで効果がアップするでしょう。
オフィス以外でも、お客様とのやりとりなどにもパーテーションがあると安心ですよね。
当社では軽量のパーテーションを取り扱っています。
コロナ対策にパーテーションをお考えの方は当社までご連絡ください。

□まとめ

今回はオフィスのコロナ対策についてご紹介しました。
コロナ対策にはパーテーションがお勧めです。
コロナ対策を考えている方はぜひパーテーションをその選択肢に入れてください。