飲食店で行うべきコロナ対策についてご存知でしょうか?詳しくご紹介します

飲食店でコロナ対策をしようと考えている方はいらっしゃいませんか。
確かに、飲食店は感染リスクが高いとされているので対策は大事ですよね。
そこで、今回は飲食店のコロナ対策についてご紹介します。

□どのような時に感染しやすいのか

それでは、どのようなシチュエーションで感染してしまうのでしょうか。

一般的にコロナウイルスは飛沫感染か接触感染で感染すると言われています。
接触感染は、ウイルスを含んだ飛沫を手などで触れたのちに、周りのものを触り、それがまた他の人の手に移り、粘膜に触れることで感染することを指します。
そのため、アルコール消毒による予防が重要だと言われているのですね。

しかし、コロナウイルスは基本的に飛沫感染で感染すると言われていおり、こちらの対策がより重要と言えるでしょう。
そのため、マスクを着用する、距離を確保するなどの対策が行われています。
ただし、飲食店は必然的にお客様の近くでサービスをする必要があるので、距離を確保することは難しくなりますよね。
そのため、飲食店では特に、接客方法をアレンジするなどのコロナ対策が必要になってくるでしょう。

□飲食店で行える対策とは?

それでは、具体的にどのような対策をすれば良いのでしょうか。
以下で、詳しくご紹介します。

1つ目にご紹介するのが、飛沫感染の防止です。
コロナウイルスの感染はこれが一番多いので、ここに力を注ぐ必要があるでしょう。
マスクの着用もそうですが、おすすめなのがパーテーションの設置です。
パーテーションはマスクと二重で使用することにより、効果を発揮しますし、お客様どうしの間に設置することでさらに感染リスクを下げられるでしょう。

当社では軽量のパーテーションを取り扱っています。
パーテーションを検討している方はぜひ当社までお問い合わせください。

2つ目にご紹介するのが、接触感染の防止です。
接触感染の対策は手洗いだけでは不十分です。
飲食店の中で人がよく触れる、券売機やドアノブ、タッチパネル等は定期的に消毒しましょう。
そうすることで、感染リスクを少しでも下げられるはずです。

3つ目にご紹介するのが、スタッフの衛生管理です。
例えば、スタッフには体調を報告させ、悪い場合には休むように伝えましょう。
また、休憩する部屋などの換気もしっかり行いましょう。

□まとめ

今回は飲食店のコロナ対策についてご紹介しました。
飲食店では、お客さまと少なからず接触してしまうので、コロナ対策をしっかり行いましょう。
また、飲食店の対策はパーテーションがおすすめです。
ぜひ、一度試してみてください。