不織布マスクはどのくらい使えるのかを解説します

不織布マスクがどのくらい使えるのか知りたい方は多くいらっしゃると思います。
どのくらい使えるのかを知らずに使い続けて後悔はしたくないですよね。
本記事では、不織布マスクの使い回しについて解説していきます。

□不織布マスクはどのくらい使えるの?

コロナウイルスが流行したことによってマスクの品薄状態が続いたこともあり、マスクを何度も使っているという方もいらっしゃると思います。
ただ、本当に使い回しをしても良いのか不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

不織布マスクは使い捨てが基本ですが、2〜3回程度は再利用できると認知されてきていると思います。
経済産業省はマスクが品薄になったタイミングで、「1つのマスクを長く使ってもらうため、洗ったり消毒液をつけたりすることで2〜3回程度は再利用できることを業界団体から周知してもらう」ことを検討していたようです。

しかし、国内のマスクメーカーによると、再利用できるということは言えませんと回答されていました。
マスクで感染予防ができるのは、フィルターに帯電処理を施していて、それがウイルスの粒子を吸着しているためです。
しかし、水洗いや消毒液を使うことによってその帯電効果が低下し、マスクの機能自体が低下してしまう可能性があります。

ウイルスの捕集効果が減ってしまうと感染してしまう可能性も高まるので、再利用する際には十分に気をつける必要があるでしょう。
現実的に再利用する必要があるタイミングもあるかと思いますので、内側にガーゼを挟んだり、なるべく濡らさないようにアルコールで汚れを拭き取ったりして対策をしていくようにしましょう。

□不織布マスクを交換するタイミングについて解説します

マスクを着けて出かけたものの、1日中着けていると効果が薄れないか心配になってしまいますよね。
使い捨てタイプのマスクだと、どのタイミングで交換するべきなのか迷ってしまうと思います。

基本的には1日1枚が目安だとされていますが、衛生上の観点からは、一度外したマスクは再び着けないようにすることが望ましいとされています。
マスクは長時間着けていると蒸れてしまい、雑菌が繁殖してしまいます。
変な匂いを感じたり、湿りを感じたりした場合にはすぐにマスクを替えるようにしましょう。

*当社では多数の不織布マスクを取り扱っております

当社では、メルトブローン不織布を採用した、通気性を確保できる不織布マスクを多数取り扱っております。
白色で生活感があるので、どのような場面でもご使用いただけますよ。
また、安心してご使用いただくために全品ダブルチェックを行っておりますので、不具合のあるマスクが紛れ込む心配はありません。
50枚、100枚、200枚単位でのマスクを販売しておりますので、お気軽にご注文ください。

□まとめ

不織布マスクは使い回しできるのかを知っていただけましたでしょうか。
衛生上の観点からはあまりおすすめはできませんが、いざという時は対策をしつつ上手に使い回ししましょう。
冬にはまた感染症が流行する可能性があるので、マスクの予備はなるべく確保しておくことをおすすめします。

感染予防アイテム続々出品中!!Amazonでのお買い物はこちらから!→