店舗やオフィスのコロナ対策にパーテーションは必要なの?

現在、世界的大流行を引き起こしている新型コロナウイルスですが、その感染経路として最も多いのはやはり「飛沫感染」です。

そこで本記事では、飛沫感染に有効な「パーテーション」のメリットや、その他の感染予防策について解説します。

□工事なしで仕切りを設置する方法について

新型コロナウイルス禍の中、感染拡大防止のため、人が比較的密集しやすい企業のオフィスでは飛沫対策が必要不可欠です。

対面の会話の際、パーテーションといった仕切りや壁を用いる場面は目にする機会が増えましたよね。

では、安価で簡易的な方法とは具体的にどのようなものかを本項では解説します。

 

*アクリルパーテーションの設置

気軽に設置でき、かつレイアウト変更も簡単な方法として、第一にパーテーションが挙げられます。

工事を必要とせず、購入後の設置も短時間で終わります。

反面デメリットとしては、空間を完全に分断するわけではないため、遮音性は皆無な点です。

 

*家具を積極的に活用する

パーティションよりも安価で済ませたいのであれば、段ボールのような、もともとオフィスに存在する家具を仕切りにするのも有効です。

しかし、それらの多くは部屋の遮断を想定して作られたものではないため、完全な飛沫対策を求めるのであれば、やはり上記のパーテーションを用いることをおすすめします。

 

*オフィスのレイアウトを工夫する

仕切りに頼らないレイアウトの例として、学校の教室のような、デスクが同じ方向を向く配置で人が向き合うのを防ぐ方法が挙げられます。

また、拡散形式と呼ばれる、各部署や職員同士の距離を離した配置も有効です。

 

□パーテーション使用するメリットについて

パーテーションはウイルス感染に対し、物理的な飛沫感染のリスクが減少するだけでなく、繰り返し使用できるという大きなメリットがあります。

当社で扱っているアクリル樹脂は傷に強い特殊コーティングが施されており、安心して掃除、再利用が可能です。

また、透明なアクリルパーテーションは会話の際にお互いの顔が見えるため、円滑なコミュニケーションにもおすすめです。

 

□まとめ

今回は新型コロナウイルスの感染予防のためのパーテーションの効果について解説しました。

今回の記事が、新型コロナウイルスでお悩みの方の参考になれば幸いです。

パーテーションでご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

経験豊富なスタッフが全力でサポートいたします。