ステッカーでウイルス対策の注意喚起をしよう!店舗ができる取り組みとは?

現在、世界規模で大流行している新型コロナウイルスの影響で、営業に大きな打撃を被った店舗や企業は多いのではないでしょうか。
特に飲食店では、実際の感染リスクのみでなく、店舗のイメージダウンも懸念され、存続の危機とも言えます。
そこで本記事では、飲食店ができる感染防止対策を解説します。

□店舗が行う感染防止対策の重要性について解説

政府による緊急事態宣言が緩和されてから、ほとんどの都道府県で休業要請も緩和する動きが広まっています。
しかし、感染拡大防止の工夫も怠ってはいけません。
本項では、飲食店にできる感染防止策の取り組みをご紹介します。

*来場者への検温

来場者のみならず、店舗関係者や従業員にも、対朝の管理を徹底することが必要不可欠です。
また、体温が37.5度以上ある者は来場を禁止するなどの思い切った策も欠かせません。
SNSやインターネットを利用して、「調理・接客時マスク・手袋着用しています」「体調不良のお客様からのキャンセル料はいただきません」といった情報を発信するのも有効です。
クライアントの不安を払拭し、店舗のイメージをアップできるのは嬉しいですよね。

*人同士の接触、飛沫による感染の予防

これまでは、接客にマスクを着用するのはマナー違反とされていましたが、新型コロナウイルスの前では背に腹は代えられません。
店内アルコール消毒設置の徹底や、トイレのハンドドライヤーの使用禁止、普段以上の清掃を心がけましょう。

□ウイルス感染対策にはステッカーがおすすめ

上記に述べた対策に加えて、ウイルスへの注意喚起を促すステッカーの利用も効果的です。
実際に用いられている例としては、足型や矢印で順番待ちの待機位置や進路を示すものが代表的です。
レジ周りの混雑防止やソーシャルディスタンスを促す「フロア誘導シール」がありますが、こちらは滑り止め機能が付いており、視覚効果だけでなく実用的なメリットがあります。
また、「感染症対策実施店ステッカー」を店舗の入り口や座席に貼って、ウイルス対策を行っていることをアピールすれば、クライアントに安心感を与え、店舗のイメージ向上にも繋がります。

□まとめ

今回は新型コロナウイルス禍における、飲食店の取り組みについて解説しました。
このような状況下だからこそ、それぞれができる最大限の取り組みを活かして、感染拡大防止に努めましょう。
今回の記事が、新型コロナウイルスでお悩みの方の参考になれば幸いです。