店舗ができるウイルス対策とは?具体的な対策方法を紹介!

店舗ができるウイルス対策についてご存知でしょうか。

店舗にはたくさんの人が集まり、ウイルス対策をきちんと行っておかないと集団で感染するリスクが高まります。

感染者が出てしまうと売り上げや集客にも影響が出てしまいますよね。

そこで今回は、店舗ができるウイルス対策の具体的な方法についてご紹介します。

□店舗ができるウイルス対策とは

新型コロナウイルスの感染者が日を追うごとに増えている中、店舗ではどのような対策をとる必要があるのでしょうか。

店舗ができる具体的な対策方法についてご紹介します。

1つ目はマスクの着用です。

飛沫感染を防ぐためにはマスクの着用は必須です。

特に接客が多い店舗の場合、マスクを着けることによって感染のリスクを軽減できるでしょう。

2つ目は、うがいと手洗いを徹底することです。

いくら感染しないよう気を付けていても、手に付着したウイルスや菌を実際に自分の目では確かめられません。

職場に出勤した際や外から出入りする際にうがいと手洗いをすることで、手に付着したウイルスを洗い流したり、口の中をきれいにしたりできます。

どのタイミングでうがいと手洗いを行うのか、ルールとして決めておくと良いでしょう。

3つ目は、手指の消毒です。

手を洗うだけでなくアルコールで消毒を行うことで、さらに感染のリスクを抑えられます。

手指をいつでも消毒できる環境を整えておくと従業員にとってもお客様にとっても安心ですよね。

4つ目は、手袋の着用です。

爪の間などの細かい部分のケアは難しいです。

そのため、手指からの感染を予防するための方法として手袋の着用が効果的でしょう。

5つ目は、十分な洗浄や加熱殺菌です。

洗浄や加熱殺菌が施されていないものに触れると接触感染のリスクが高まります。

定期的に洗浄や加熱殺菌を行ってください。

□ウイルス対策の第一歩とは

店舗のウイルス対策として、まずは飛沫感染の防止が重要です。

そのために行う対策の例としてはパーテーションの設置が挙げられるでしょう。

パーテーションを設置することにより飛沫感染を防止でき、従業員とお客様双方にメリットがあります。

当社では窓があるタイプのものと窓がないタイプのものを販売しております。

透明度が高いため、設置する場所の雰囲気を損ないません。

パーテーションの購入を検討される際は、ぜひ当社にご相談ください。

□まとめ

感染者が出る前に対策を行うことが重要です。
気になることがありましたら、当社までご連絡ください。