電飾看板の種類にはどのようなものがある?

色々ある電飾看板の中から、いくつか代表的な種類をご紹介します。
メリット・デメリットも合わせて、看板を選ぶ参考にして下さい。

蛍光灯タイプ

電飾看板の中で、最も一般的なのが蛍光灯タイプです。
普通の蛍光灯を使っているため比較的安価で、大きさが同じであれば他の場所で使っている蛍光灯をそのまま使うことができます。
広く用いられているタイプのため種類も多く、希望するデザインや価格のものが見つけやすいというメリットもあります。

LEDタイプ

LEDタイプの魅力はメンテナンスに手間がかからないことです。
設置のコストは蛍光灯よりもかかりますが、その後の交換の回数が圧倒的に減ることと、消費電力の少なさが大きなメリットになります。
ただしLED電球の寿命は設置場所による影響を大きく受けますので、その点は注意する必要があります。

ネオンボードタイプ

高感度LEDが内蔵されている看板や、無機ELの手描きボードなどがあります。
文字や絵を自由に描いたり消したりできるので、メニュー看板などにも向いています。
お店の個性を発揮しやすく個性的な看板になり、スイッチを入れるとネオンのように光るので、手軽に目立つ看板を作成できるのが特徴です。

点滅矢印タイプ

スタンド式看板のフレーム部分に矢印の装飾が施されていて、矢印の方向に向かって電球が点滅するタイプです。
飲食店、特にラーメン屋や焼肉店などに多く使用されています。
インパクトが強く夜でも目立つため、車の中からなどでも見つけやすく、特に集客効果が高いとされているのがこのタイプの看板です。

バッテリー式スタンド看板

LEDタイプのスタンド看板で、バッテリーを充電して看板の本体に装着することで点灯する、充電式看板です。
電源の確保が難しい場合や、ビルの2Fに店舗がありコンセントが使用できない、といったお店でも電飾看板を設置することが可能になります。
デメリットは種類やデザインが少ないことですが、コンセント不要なのは立地条件によっては便利な看板です。

このように、一口に電飾看板と言っても様々なタイプの種類があります。
使用場所の条件や雰囲気、どんな店舗なのかによって向き不向きがありますので、予算も考えながら、最適なものを選ぶようにしましょう。
電飾サインスタンド