デジタルサイネージを有効活用する方法について

デジタルサイネージは、ビルの壁面などに設置したディスプレイに情報を発信する広告媒体の1つで、人通りの多い場所での広告宣伝や施設の案内表示に利用されています。

ここでは従来の看板との違いや、実際にデジタルサイネージを導入した場合の有効活用方法について紹介します。

大型商業施設・ショールームでの活用方法

百貨店など店舗数が多く、人の出入りが多い施設の正面にデジタルサイネージを設置することで、様々な商材の宣伝ポスターを乱雑に並べる必要がなくなり、店舗の入口をすっきり見せることが可能です。

また、デジタルサイネージの広告表示は時間毎に切り替えることができるため、全店舗の宣伝をスマートに行うことが可能です。

全身を映し出した大画面はインパクトがあるので、アパレル関係の店舗では効果的に宣伝ができます。

飲食店・スーパーでの活用方法

飲食店やスーパーなどでは、季節限定のメニューやキャンペーン、新製品情報やセール情報など、頻繁に発信する情報を切り替えていく必要があります。

従来の広告方法では、都度ポスターやチラシを貼り替える作業を行う必要がありましたが、
デジタルサイネージを有効活用することで、それらの作業の手間を省くことができます。

さらに、大画面に売りたい商品の情報を表示することで、よりインパクトのある宣伝を行うことができ、集客力も上がると言えます。

観光地・観光施設での活用方法

観光地や観光施設においては、来場者の歩く動線に合わせて、イベント的な要素を提供することができます。

タッチパネルなどで動画や音声が流れるようにして、観光地や観光施設をより深く理解できるように工夫することができます。

また、屋外で行われるイベントを大画面でライブ表示することにより、イベントがより盛り上がり、参加者が楽しむことができます。

それによって、来場者を増やすことにもつながります。

病院・福祉関係施設での活用方法

病院やクリニックの待合室にポスターを掲示しても、1枚ごとに1種類の医療サービスやプランしか載せられないため全ての医療サービスは紹介できず、掲示するスペースも乱雑になりやすくなります。

そこで、デジタルサイネージを導入することで、複数の医療プランを順次表示させることができます。

ポスターをたくさん貼るよりも省スペースにもなりますし、様々な医療コンテンツをデジタルサイネージに表示させることで、待合室で待っている患者さんを退屈させずに済みます。

会社・オフィスでの活用方法

オフィスで社員が共有すべき情報をデジタルサイネージに表示することにより、情報の周知徹底がしやすくなります。
結果として、顧客へのサービス向上につながります。

また、社員食堂がある企業であれば、配膳コーナーなどにメニューやカロリー、食品の栄養素について表示するデジタルサイネージを設置することで、メニューの現物展示をするスペースを確保する必要がなくなりますし、社員の健康管理にも一役買ってくれると言えます。

以上のように、デジタルサイネージは設置する施設に合った内容の情報をリアルタイムで配信することで、集客アップや利便性・サービスの向上など、様々なメリットを得ることができます。
是非上記の情報を参考に、デジタルサイネージを有効活用してみてください。
電飾サインスタンド