デジタルサイネージの電気代の目安とランニングコスト

屋外や店頭、交通機関などのあらゆる場所において、ディスプレイなどの電子表示機器を使って情報を発信するシステムのことをデジタルサイネージと呼んでいます。
デジタルサイネージに関する疑問点について紹介していきます。

デジタルサイネージのひと月あたりの電気代について

私たちの身の回りには、既にデジタルサイネージがあふれています。
至るところで電子表示を見ることができますし、それは病院やショッピングセンターなど幅広い場所に普及しています。

デジタルサイネージは大変便利な情報ツールなのですが、気になるのがその電気代ではないでしょうか。
ひと月あたりどれくらいの電気代がかかってくるのかが、気になる点だと思います。

電気代は運用するデジタルサイネージによって異なりますが、たとえば42型のディスプレイであれば、ひと月2000円以下が目安となります。
24時間365日使用したとしても、電気代は数万円程度になります。

これを高いと感じるかもしれませんが、それでも省エネ技術の発達によって、以前と比べて電気代を抑えることが可能になっているのです。

ランニングコストにはどういうものがあるか

デジタルサイネージを利用するにあたり、ランニングコストがかかってくるのですが、その内訳はどうなっているのでしょうか。

まず初期費用としてディスプレイなどの設置費用がかかります。
この設置費用を最初に一括で支払うこともありますし、毎月分割して支払うこともあります。

そして必ずかかってくるのが、電気代と情報の配信代金になります。
ディスプレイを1日中つけているため、それを表示するための電気料金がかかりますし、時間によって配信情報を変えたりすると、その配信料も別途かかってきます。

また、メンテナンスなどの保守料金もかかることになります。

デジタルサイネージを運用していく上で

初期費用やランニングコストを考えると、デジタルサイネージは決して安いものではありません。
また、配信コンテンツの管理など、運用が軌道に乗るまで時間がかかることもあります。

デジタルサイネージを導入する目的や期待する効果を明確にした上で、誰でも簡単に使用できる機種にしたり、サポートを行ってくれる販売店などに相談しながら、上手に運用することをおすすめします。
電飾ポスターパネル/イーゼル