LEDディスプレイの明るさはどのように決めるべきか解説します

LEDディスプレイを検討中の方はいらっしゃいませんか。
LEDディスプレイには様々な明るさがあり、用途によって明るさを変える場合が多いです。そこで今回は、LEDディスプレイの明るさと、用途別のディスプレイの明るさの考え方について説明します。

□LEDディスプレイの明るさについて

LEDディスプレイの明るさの基準として、輝度があります。
輝度とは光源の明るさを示すもので、カンデラ毎平方メートルという単位を用いる場合が多いです。
この輝度によって、ディスプレイに映し出されるものの見えやすさが決まります。

天気が良く、日光が当たる場所に設置する場合には、ディスプレイが見えにくいため輝度が高いものにすると良いでしょう。
逆に、夜間に使用する場合や、屋内に設置する場合にはあまり高い輝度を必要としません。

気になる予算に関してですが、輝度が高いLEDディスプレイは通常のものよりも高くなってしまう場合が多いです。
また、消費電力が大きく電気代が高くなる場合があるため気をつけましょう。

□用途別のディスプレイの明るさの考え方について

LEDディスプレイの適切な輝度は、日光の当たり具合や、屋内と屋外のいずれに設置するかで変わります。
そのため、用途別に輝度の目安を確認していきましょう。

まず、屋内で使用する場合は、輝度の目安として約400カンデラ毎平方メートルにするのがおすすめです。

一般的なテレビの輝度が約350〜500カンデラ毎平方メートルであるため、それに近い見えやすさであるとイメージすると良いでしょう。
反対に日光がよく当たる屋外で使用する場合の目安は、約2500カンデラ毎メートルです。

この条件だけでなく、LEDディスプレイを見る距離でも適切な輝度は変わりますし、屋内でもかなり広い空間であれば輝度が高いものを用いた方が良いかもしれません。
また、注目を集めたい場合には、輝度が高い方が印象が強いためおすすめです。
このように、用途や目的によって適切な輝度に調節することが重要です。

また、当店のLEDディスプレイには、立体的な映像が特徴の「プロペラ」や、カーブを描いたLEDモジュールを置いたり吊るしたりできる「シリンダーデジタルディスプレイ」があります。
これらは、イベント時だけでなく店舗装飾に使用し、注目を集める際には最適なので、ぜひ確認してみてください。

□まとめ

今回は、LEDディスプレイの明るさと、用途別のディスプレイの明るさの考え方について説明しました。
ディスプレイの明るさの基準として輝度があり、輝度によって見えやすさが変わります。
そのため、LEDディスプレイを決める際には設置場所の特徴を確認してから、適切な輝度を参考にして決めると良いでしょう。

デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!