LEDディスプレイの耐用年数を正確に知っておこう!

「LEDディスプレイの耐用年数について知りたい」
「故障するとどのような影響があるのか知りたい」
このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。
そこで今回は、LEDディスプレイの耐用年数についてご紹介します。

□LEDディスプレイに関わるデジタルサイネージの故障について紹介します

LEDディスプレイを使用するデジタルサイネージには寿命があります。
自然環境、経年劣化、人的要因など様々な影響を受けています。
一般的に耐用年数が経過すると故障のリスクが高まるでしょう。

例えば、耐用年数を経過することで、ディスプレイが故障する可能性があります。
デジタルサイネージの寿命は、コンテンツを表示しているディスプレイの寿命とほとんど等しいと言っても過言ではないでしょう。
LEDディスプレイの表示部分が故障した場合、様々な症状があらわれます。

画面が薄暗くなる、赤い画面と暗い画面を繰り返す、画面の色味が赤っぽくなるなどの症状が見られるでしょう。
また、画面が割れて液が漏れてしまう場合もあります。
その他にもデータの送受信に関するトラブルなど多岐にわたって症状が見られます。

□法定耐用年数と、物理的耐用年数について紹介します

LEDディスプレイの耐用年数と言っても2つの考え方があるのはご存知でしょうか。
耐用年数を理解する上で、この2つの考え方を理解する必要があるでしょう。
では、それぞれの考え方の違いについてみていきましょう。

まず1つ目は、減価償却の際に用いられる法定耐用年数です。
一般的に看板は資産計上する必要があり、その際に法定耐用年数に従って減価償却していきます。
このような、あらかじめ法律によって定められたものが法定耐用年数です。
デジタルサイネージであれば、通常は電飾付きスタンド看板と同じ分類になり、耐用年数は3年となるでしょう。

2つ目は、物理的な耐用年数です。
これは名前の通り、物理的に壊れるまでの年数のことです。
デジタルサイネージの導入形態は様々ですが、共通することはデータを管理してそれをディスプレイに映し出すという仕組みです。

一般的に、データを管理する耐用年数よりもディスプレイの耐用年数の方が短いと言われているので、ディスプレイの耐用年数がデジタルサイネージの耐用年数と考えても問題ないでしょう。

□まとめ

今回は、LEDディスプレイの耐用年数についてご紹介しました。
一言で耐用年数と言っても、法定耐用年数と物理的な耐用年数によって考え方が違うため、それぞれの理解が必要でしょう。

デジタルサイネージ

<お知らせ>
【飲食店様応援企画!】テイクアウトOKポスター画像無料配布中!! → 詳しくはこちらから!