飲食店における販促の方法・アイデア

販促とは、売り手が買い手の販売を増進させるための、あらゆる活動を指します。
飲食店にとっては、お店がお客様の来店と売上増加を促すために行う組織的な活動のことです。

ここでは、飲食店における販促の方法やアイデアを具体的に紹介します。

飲食店でよく使われる広告、宣伝方法

まず、飲食店の販促手段としてよく使われるのが、チラシの作成、配布です。
新聞折り込みにしたり、近隣に直接投函したり、周辺の施設やお店にチラシを置いてもらったりと、チラシは数多く配布できるので、広く告知を行える販促ツールです。

店頭で呼び込みをする際も、ただ声をかけるだけよりも、チラシを配布しながら呼び込みをしたほうが、やりやすいかもしれません。
さらにチラシに割引券をつけたり、期間限定情報を載せたりするアイデアもあります。
こうすることにより、お客様が来店する動機付けが強まります。

チラシ以外では、店舗情報を印刷したティッシュ等の販促物も活用できます。
また、店の前の看板やウインドウ装飾も、お店の存在を周囲に知らせる大事な販促媒体です。
お店のイメージを一目で伝えられるよう、わかりやすい販促物を作りましょう。

web媒体を使った販促について

インターネットは現代社会において欠かせない販促媒体あり、実際に多くの飲食店が販促に利用しています。
お店のホームページを作成すると、お店が伝えたいメニューや店内の雰囲気といった情報を、お店のイメージに合ったデザインで伝えられます。

一方、グルメサイトへの店舗情報の掲載は、一定のフォーマットの中で、他店と横並びで情報が掲載されます。
利用者数の多いサイトだと、数多くのお客様に自分のお店を知ってもらうことが可能です。

さらに、SNSを利用してお店の最新情報を定期的にアップすることで、継続的な販促につながります。

リピーター確保のための販促とは

来店したお客様がリピーターになるように促す販促活動も重要です。
主な方法としては、コースターなどのノベルティ配布、ショップカードの作成、名刺ボックスの設置などがあげられます。
アンケートや意見箱は、お客様の生の声が集められるので、得られた情報をもとに改善点を把握しつつ、お客様の好みにあわせたキャンペーンを行ったり、サービスを提供したりできます。

さらに、店員への接客教育や接客サービスの改善は、お客様のお店に対する印象を大きく左右するので、重要な販促活動といえます。

また、飲食店ならではの販促としては、ドリンクや新メニューの無料提供サービスなどもあります。
メニューの内容やデザインも、ターゲットの客層に合わせて工夫することで販促につながります。

ひとくちに販促といっても、飲食店だけでもたくさんの方法やアイデアがありますね。
お店によって、効果的な販促は異なりますので、いろいろなタイプの販促を試してみましょう。
アイデア次第で、お店にぴったりの販促が見つかるはずです。
アイボードプラス