住宅展示場の装飾アイデア5選

大切な家族と過ごす住まいの夢を広げられる場所と言えば、住宅展示場です。
多くの人が気軽に来場して貰えるような雰囲気づくりとなる装飾はどんなものが良いか、天候も踏まえて考えてみましょう。

手軽に使える、のぼり

のぼりは1セットの単価が安いため、複数本の設置も手軽にでき、広告内容を好きに発注することも可能です。
内容が異なるのぼり旗を用意しておけば、好きなタイミングですぐに入れ替えることができるのも魅力です。

晴天時でのぼりが軽くはためくくらいの緩やかな風が吹く日は、のぼりはとても目立ちますが、旗の素材によっては印刷が滲んでしまうものもあるため、雨天時には出せない場合があります。
また、旗が倒されてしまうほどの強風時は、周辺へ危険が及ばないよう配慮するか撤収しなければならないため注意が必要です。

デザイン性の高いスイングバナー

ヨットの帆に似た形をした、のぼりよりもデザイン性が高いものがスイングバナーです。
1本だけでも華やかですが、スイングバナーが複数本並んでいる光景はより華やかで、とても人目を惹きます。
のぼりと同じく、強風時の屋外設置には向きません。

華やかさ満点のバルーンアート

休日や連休には住宅展示場へ家族そろって来場する方が多いため、さらなる集客を見込んでイベントを開催する場合があります。

普段は展示されている住宅を隠さないように入り口が広い展示場でも、カラフルなバルーンアートが飾られていると、遠目から見てもイベント開催中という雰囲気が出せます。
バルーンアートのアーチであれば、それをくぐって入ってくるお客さんにワクワクした気持ちを引き出す効果もあるでしょう。

しかし、バルーンだけに飛ばされてしまう可能性があるため、強風時には向かない装飾です。

お祝い雰囲気が高い、和風な紅白幕

一目見て祝い事をしているとアピールできるのが紅白幕です。
風雨に強い素材の幕もあるため屋外の装飾にも向いており、駐車場のフェンスなどに施すことで通行している人の目にも留まりやすくなります。

紅白幕を常時装飾していては見慣れてしまい、その効果が薄まってしまいますが、模様や風景・企業名などを入れて製作できる幕もあるため、アイデア次第で多様な雰囲気づくりに一役買ってくれます。

行き届いた配慮を感じさせるスタンドポップの設置も

住宅展示場へ訪れる人は、毎日の生活場所がより暮らしやすくなるような安定感や清潔感を求めています。
高額な買い物となるために、住宅展示場で実際に見てみて気に入ったり、詳しく知りたくなったりした商品は、カタログや資料を持ち帰ってじっくり検討したいと考えます。

来場を促すような装飾はもちろん、来場されたお客様へ向け、資料を手に取りやすいように案内されたスタンドポップや、お手洗いの場所を記したポスターなども、配慮が行き届いている企業イメージを与えるでしょう。

住宅展示場は敷居が高いと感じさせず、まずは気軽に入ることができる雰囲気づくりが大切です。
ただし、展示物が大きいために会場も広く、見て回っているお客さんが目にして疲れてしまうほど華美な装飾にならないよう、全体的に統一感を持たせると安定感も与えられるでしょう。

bannerスタンド