展示会のポスターに適切なサイズはどのくらい?

展示会のパネルを作製する際にポスターサイズを選ぶ必要があります。
展示会のパネルとして使うにはどのくらいのポスターサイズが適切なのでしょうか。

B0からA2まで大きい順に、それぞれのポスターのサイズ感や主な用途を解説します。

B0ポスター(1030mm×1456mm)小柄な女性であれば隠れるくらいのサイズ

JIS規格で最大のサイズで、高い場所や遠くから見てもはっきりと判るくらい目立ちます。
小規模の展示会ブースでは大きすぎますが、ステージの背景や、駅のプラットフォーム等での告知で利用すると良いサイズです。

A0ポスター(841mm×1189mm)頭から膝くらいのサイズ

縦でも横でも視認性に優れ、ポスターやパネルとしても大型な部類です。
写真のポスターとしても人気がありますが、小規模の展示会ブースのパネルとしては上手く設置しなければレイアウトが難しくなります。

B1ポスター(728mm×1030mm)上半身が優に隠れるサイズ

「B全」とも呼ばれる、B0と同じく駅に貼るポスターとして利用されることが多いサイズです。
イベント告知のポスターとして利用されますし、展示会パネルとしてはかなりの大判だと言えます。

A1ポスター(594mm×841mm)上半身がギリギリ隠れる程度のサイズ

「A全」と呼ばれる、一般的なポスターであるB2判と比較して一回り大きいサイズです。
展示会ポスターとしても店頭ポスターとしても効果的なインパクトを与えることができる可能性が高いです。

B2ポスター(515mm×728mm)頭から腰上くらいのサイズ

屋内に貼られることが最も多い、一般的なポスターのサイズです。
大きすぎず、視認性も高いので、展示会のプレゼンボードとして使うと良いでしょう。

A2ポスター(420mm×594mm)肩から腰くらいのサイズ

町の掲示板等に貼られることの多い、ちょっとコンパクトなサイズです。
商品ポスターを設置するスペースがあまり取れない場所に貼りたい際に重宝します。

1小間、2小間の小規模なブース内のポスターにはB1、A1、B2あたりが標準的な大きさと言えます。
もっと大規模な展示会ブースである場合やインパクトを求める場合は、大きいサイズを選ぶのが良いですが、その際は、レイアウトに気を付けて設置するようにしましょう。

アイボード特集