バナースタンドの主なサイズ・素材

バナースタンドは聞きなれない言葉ですが、言葉を分解すると意味が見えてきます。
バナーは、英語でbanner、日本語で旗を意味します。
バナー広告と聞くと、なんとなく想像できるのではないでしょうか。
つまり、広告用に作られる旗のようなスタンド看板というのが直訳です。

では、このバナースタンドのサイズや素材はどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

旗を思わせるバナースタンドの使い道

先程も触れた通り、バナースタンドとは旗のようなスタンド看板です。
もっと言えば、枠組みを少なくし広告部分を広くとった旗を思わせる形をした看板です。
イベント会場や展示場、公共交通機関の主要ターミナル駅において使用される場面が多くあります。

バナースタンドの大きな特徴としては、広告部分が広くなることでPR力が向上するということです。
広告は継続的なものとシーズンものとありますが、いずれにしてもバナースタンドは張り替えることも容易で、コストを掛けずに二次利用が可能になります。
また、組み立ても簡単で、コンパクトに収めることができるのも大きな特徴です。

幅狭で縦長が一般的なサイズ

バナースタンドは大きく三つのタイプに分かれます。
ポールに通したバナーを棒一本で支えるタペストリータイプ、四つ角に穴をあけて使用するハトメタイプ、そして巻き取りタイプに分かれます。
サイズとしては、いずれも、横幅60㎝~1.5mぐらい、高さは1m~2mが一般的です。

タペストリータイプにおいては、記者会見や会場のパーテーションなどに使われる横幅3m、高さ2mの横型巨大看板もありますし、ハトメタイプにおいては、横幅60㎝、高さ1.2mに抑えたコンパクトサイズもあります。

バナースタンドの主な素材

ここでは主な素材を三つご紹介致します。
まずは、テトロントロピカルで、ポリエステル素材の一つです。
生地は薄くて軽い素材で、吸水性が無いので屋内・屋外を問わずに使用することができます。

続いて、2類ターポリンです。
主に屋外で使用する生地で、軟質塩化ビニール素材の一つです。
別名、テント生地とも呼ばれ、雨や風に強く頑丈な素材です。
ただし、素材に重量感があり持ち運びが容易でないため、長時間継続的に使用する時に適しています。

最後は、合成紙で、合成樹脂を原料としたフィルム法合成紙です。
雨や風に強く破れにくいので、屋内・屋外問わず使用できる素材です。

bannerスタンド