店舗イメージをアップさせる5つの条件【飲食店編】

飲食店を経営されている方の中には、売り上げが伸びずに困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんなお悩みをお持ちであれば、店舗イメージをアップさせましょう。
店舗イメージがアップすれば集客率も増えて売り上げもアップする…!?

今回は店舗イメージをアップさせる5つの条件をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

店舗のイメージって?

「雰囲気が好き」「何かと便利」「あまり近寄りたくない」「印象にない」等々……。
皆さんが普段利用する店舗に色々なイメージを持たれるように、アナタの店舗もお客様に何らかのイメージを持たれています。
ですが、そもそも店舗のイメージというのはどのように決まるのでしょうか。

大きく分けると以下の5つが挙げられます。

・見た目
「入りやすい(入りにくい)外観」、「店内の雰囲気が良い(悪い)」

・品質
「食べ物が美味しい(美味しくない)」、「食材が安全」、「健康に配慮してある」、「本物志向」、「値段が安い(高い)」

・サービス
「接客が良い(良くない)」、「陳列が見やすい(見にくい)」、「対応が早い(遅い)」
「ここにしかないものがある(どこにでもある)」、「店のこだわりを感じる(感じない)」

・清潔感
「店内が清潔(埃っぽい)」、「トイレがキレイ(汚い)」、「常に清掃してある(あまり清掃していない」

・評判
「また利用したい(したくない)」、「場所が良い(良くない)」、「人に教えたい(薦めたくない)」

特に飲食店では、品質(Quality)、サービス(Service)、清潔感(Cleanliness)は「QSC」とも呼ばれ、とても重視されています。
アナタの店舗がお客様にどう思われたいのか、どういう店舗にしていきたいのかを具体的にイメージしましょう。
例えば、色んなお客様に来て欲しいのか、常連さんに特化した店舗にしたいのかなどです。

イメージをアップは、ただお金をかければ出来るというものではありません。
店舗のイメージをアップさせたいときに忘れないで欲しいのは「お客様がイメージを決定する」という点です。
こちらのイメージを押し付けるのではなくて、お客様がどういうイメージを持つかを想像するようにしましょう。
ではここからは、先に挙げた5つの条件を順番に見ていくことにしましょう。

%e3%80%902%e3%80%91_1%e5%ba%97%e8%88%97%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%92%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b5%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%9d%a1%e4%bb%b6%e3%80%90%e9%a3%b2

条件1:見た目を変える

どういう店舗かを知ってもらう上で、外観から得られる情報はとても重要です。
立ち寄ったお客様に「このお店に入ってみたい」と思っていただける様な外観にしましょう。
例えば、看板が大きかったり、映える配色だったりと、遠くから見ても判る店舗は目立ちます。
加えて、どういう商品を取り扱っていて、価格がいくらなのかが店先で判れば、さらに安心感を持たれます。

逆に、前を通りかかってもどういうお店か判りにくい店舗には、お客様はなかなか入ってくれません。
まれに看板を掲げていない隠れ家のような店舗もありますが、中に入るのに結構な勇気が必要ですよね。
そのようなお店でも、イメージも売り上げも良い店舗もありますが、極めて例外的です。

また、実際に店舗に入った際のお店の雰囲気にも気を配りましょう。
店舗のコンセプトと提供する食事にギャップはないでしょうか。
バーのような雰囲気のラーメン屋のように、あえてギャップを作るパターンもありますので、各々判断しましょう。

なお、内装はお客様が入っている状態をイメージしてくだい。
テーブルが食事をするのに窮屈になっていないか、動線に無理がないか改めて見直しましょう。

条件2:品質を上げる

品質は店舗のイメージを決定づけます。
外観や内装が良くて、素晴らしいサービスを提供しても、肝心の食事の品質が悪いとお客様は繰り返し来てくれません。
品質は食事の味の良し悪しや素材が本物志向であるかどうかだけではありません。
昨今のお客様は健康に気を配っていますし、特に食の安全の問題に敏感になっています。
調理器具や調理場、調理スタッフのケガや手洗い等の衛生管理のチェックは欠かさず行いましょう。

他にも食材の仕入れや搬入、保管方法の管理等、過程ごとにチェックが必要です。
持ち帰り用のディスプレイがある店舗であれば、陳列棚の温度管理も気をつけてください。

また、長年飲食店を営んでいると、味が変わっていくことがあります。
品質を高めるために味が良くなっていくのは良いのですが、単に味が安定していないのであれば問題です。
味を均一に保つのも品質を上げるためには必要なことです。
調理の手順や食材の分量、調理時間をしっかり守れるように徹底してください。

条件3:サービスを見直す

お客様に「また来たい」と思っていただくには良いサービスを提供する必要があります。
長時間の接客はとても疲れますし、色々なお客様がいるので、油断するとついつい疎かになる部分です。
応対時の軽率な態度や振る舞いひとつで「もう来たくない」と思われてしまうのは、大きな損失です。

特に気をつけた方が良いのは「言葉遣い」です。
丁寧な言葉遣いだと勘違いをして、誤った表現を使うスタッフは非常に多いです。
「5000円からお預かりします」 → 「5000円お預かりします」(丁度の場合は「いただきます」)
「コーヒーになります」    → 「コーヒーでございます」
「よろしかったでしょうか?」 → 「よろしいでしょうか?」

このような言葉遣いは、全く気にしないお客様もいれば、凄く気にするお客様もいます。
癖になっている人や、そもそも間違っていることに気付いてない人もいるので、気が付いたらすぐに正しましょう。

また、お支払いの際には、現金だけではなくクレジットカードやデビットカード、おサイフケータイで支払いを希望するお客様がいます。
クレジットカードやおサイフケータイを利用する人の中には、ポイントを貯めている方がいます。
そのようなお客様のためにも、支払い方法の選択肢を増やすのもサービスのひとつです。

条件4:清潔を保つ

店内を隅々まで清掃するのは当然ですが、ここでは特にトイレの清掃を重視します。
「トイレはお店を映す鏡だ」という意見もあるくらい、店舗にとって重要なスペースです。
トイレが汚いと衛生面が不安になりますし、気分も萎えて本当にガッカリします。
お客様がお店から出る前に「ここでトイレを済ませてから帰ろう」と思ってもらえるのが理想的です。

便器がキレイなことはもちろん、石鹸、ペーパータオルを定期的にきちんと補充しましょう。
お客様に喜ばれるのは、コットンやハンドクリーム、フレグランス、消臭剤のような備品が揃っているトイレです。
盗難や費用面の負担、リスクはありますが、それ以上にイメージアップに貢献する要素です。

もちろん、ディスプレイや店舗の清潔感はお客様の心理的な安心感を生む、大きな要素と言えるでしょう。

条件5:評判を重視する

これまで店舗を訪れたことがないお客様には、来店した知り合いの口コミがとても効果的です。
「ウチは良いお店ですよ」と自分で発信するより、他の人に「あの店は良いよ」と言ってもらう方が、おのずと信頼感と信用度が増します。
立ち寄った人が入店して、良い品質と良いサービスと清潔な店舗だと思われて、初めて「良い店だ」と評価されます。
自分の理想を求めて独りよがりにならないように、アンケートを実施する等、お客様の声を聞くことが出来る環境を作りましょう。

また、社会貢献に力を入れるのも印象が良くなる方法のひとつです。
例えば商店街等が実施するボランティアに参加すると、地域とのコミュニケーションを通して情報も得られますし、店舗の良いアピールにもなり、口コミ数も増加します。

まとめ

基本的なことを中心に紹介しましたが、意外と見落としていることも多いのではないでしょうか。
今回は飲食店のイメージをアップさせる条件を念頭に5つ紹介しましたが、他業種でも応用できるポイントは多いのではないでしょうか。

最後にひとつ、お客様の持つ店舗のイメージをアップさせるためには、従業員の力が必要です。
従業員が店舗で働くことに満足感を得られるように、店舗イメージをアップさせる事へのやりがいや喜びを共有するのが鉄則です。

サインスタイル