ダイノックシートの用途とは?同等品(類似品)には何がある?

壁に貼られた木目のシートや、床や柱に高級感を演出する大理石柄のシートなど、身の回りの様々な場所で使われているのがダイノックシートです。
生活の身近にありながら知らないことも多いダイノックシートについて、基本的な情報から用途などを紹介します。

塩化ビニル樹脂フィルムの「ダイノックシート」

合成樹脂(プラスチック)である、塩化ビニル樹脂から作られているのがダイノックシートです。
ダイノックシートという名称は、アメリカに本拠地を置く、3M(スリーエム)社の製品「ダイノックフィルム」に由来し、シェアが高いために塩ビシート全般の通称としてダイノックシートという名称が定着しました。

柄のバリエーションが幅広く、機能性に富んだラインナップも揃う

代表的な柄は木目ですが、金属感のあるメタリックや赤・青・緑などのシングルカラー、石目や幾何学模様なども揃います。

オフィスのドアを木目調にして落ち着いた雰囲気を演出したり、エントランスの床や受付のカウンターを石目にして高級感を醸し出したりと、会社の顔的な存在であるエントランスのデザインを変えることができます。

他にも、エレベーターの外扉やマンションのエントランスドア、トイレのパーテーションなど、公共性の高い場所のリフォームでも使い勝手の良いシートです。

また、自宅などでも、キッチンや玄関、下駄箱などに木目を貼れば、無機質だった空間に温かみを与えられますし、ドアをメタリックに変えてスタイリッシュな空間を演出することも可能です。

機能面では、紙製の壁紙と比べて耐久性と耐汚染性に優れます。
また、火事で燃えにくい不燃性に優れたものや、貼った場所をホワイトボードとして使えるものなど、用途に応じた機能を持たせることも可能です。

ダイノックシートと同じ使い方をできる他社商品は何?

ダイノックシートと同じ塩化ビニル樹脂から作られているのは、壁装材などを手がけるサンゲツの「リアテック」、シーアイ化成の「ベルビアン」、リンテックサインシステムの「パロア」、アイカの「オルティノ」、東リの塩ビシートなどがあります。

これらをひとまとめにくくるなら、素材名を入れて「塩化ビニル製シート」とするのが妥当でしょう。
さらに大きく他の壁紙なども含めるならば「壁装材」と呼びます。

プラスチックから作られていますが、ホルムアルデヒドを含まないなど環境にも優しいダイノックシート。
オフィスの装飾や自宅のリフォーム時にかなり役立つシートなので、活用を検討してみてはいかがでしょうか。
アイボード特集