店舗装飾の種類と特徴についてご紹介します!

「店舗の装飾をより良いものにしていきたいので店舗装飾の種類とそれぞれの特徴について教えてほしい」

「店舗装飾に関する知識がないので、少しでも身につけておきたい」

このように考えている、経営者の方は多いのではないでしょうか。

経営者にはやるべきことがたくさんあり、装飾にまで手が回らなくなっているかもしれません。

そこで、今回はそのように考えている方へ店舗装飾の種類とそれぞれの特徴についてお伝えしていきます。

 

□店舗装飾の種類と特徴について

店舗装飾には数々の種類があり、装飾する人によってお客様からの見え方は千差万別です。

それでは、店舗装飾の種類とそれぞれの特徴について見ていきましょう。

 

*プリーツハンガー

七夕のあみかざりを連想させるものです。

細かい切れ込みが多く施されています。

広いスペースを使いますが、店内をすぐに華やかに見えるようにすることができます。

風が吹いてくると、その力によって動くので、お客様は、ついつい目を奪われることもあります。

プリーツハンガーにもたくさんの種類があります。

 

*ドロップ

赤ちゃんを寝かせるベッドに垂れ下げる物に似ています。

真ん中から放射型に広がっていくようにできています。

プリーツハンガーとは違って広い場所をとることはないので、手軽に用いることができます。

フック一つで飾ることができるので、場所がない方には特におすすめです。

回転することで、同じ立ち位置から、複数のモチーフを見られるので他の装飾とは一線を画しています。

 

*ネットガーランド

細かく編まれたネットを複数重ねることで固定し、その下部に複数のモチーフを施している物となっています。

ネットの箇所をたるませることで支配するスペースを調整できるので場所を選びません。

ドロップと同様、広いスペースをとる必要はないので、お手軽に利用できるという点が特徴になっています。

プリーツともとてもマッチしていて、少しでも華やかに見せたいという人は特におすすめの商品になっています。

 

*タペストリーバー

こちらはポスターやバナーの上下にバーを取り付けて、壁面や天井から吊るすことができるポップの商品です。

電車の中の宙吊り広告のようなイメージです。

 

□まとめ

店舗装飾の種類とそれぞれの特徴についてご紹介しました。

紹介した物の他にも、たくさん店舗装飾があります。

店舗装飾についてご相談などがございましたら、ぜひ当店をご利用ください。

みなさまのご利用を、心よりお待ち申し上げております。

ポップアイテム