飲食店を経営している方へ!立地が悪い場合の集客方法とは?

「立地条件が悪くて、客数が伸びない。」
「人通りが少ないので集客率がアップしない」
このような悩みをお持ちになったことはありませんか?
立地条件が悪いところでは、客数の伸びに頭を悩ませている方がたくさんいらっしゃいます。
実は、立地が悪くても集客率を上げる方法はあるのです。
今回はそのような悩みを抱えている方へ向けて、集客方法についてご説明いたします。

▢立地条件が悪いときの集客方法

立地が悪いといっても、さまざまな状況があります。
しかし、共通しているのは、プロモーションの仕方で集客率をアップさせられることです。
その仕方とは、一体どのようなものなのでしょうか?
それは、次の通りです。

*看板作成

立地が悪いときの集客で、最も効果があるのが看板の設置です。
なぜなら、さまざまな立地条件に応じて、対応できるからです。
例えば、通りに面していない場所の場合は、偶然来店したというシチュエーションは難しいでしょう。
そのため、どこに何があるのかについて書いた看板を、メイン通りに設置するのが良いのです。
この看板を「道順看板」と呼びます。
あと、何メートル先にお店があるのかといったように、お店がある位置を具体的に示すのが良いです。
ただし、曲がり角が多いところにある場合は、注意です。
詳しく書いてしまっては、かえってややこしくなるからです。
お客様にしつこいと思わせない程度の内容にする必要があります。

*SNSやホームページで宣伝

看板設置の他に、SNSやホームページに情報を公開して、口コミで集客する方法もあります。
SNSは、今では多くの方が使うので情報流通にはとても効果的です。

*応用方法

例えば、2階にお店があるときを想定してご紹介します。
2階にその店があることを案内した看板を設置しても、効果はあります。
しかし、大半の方が全方位に気をつかって歩いているわけではないため、2階につけた看板を見る方々は少ないと予想されます。
そこで、SNSやホームページで2階にある意味を込めた、キャッチフレーズを記載するのです。
つまり、下を向いている人を上に向かせるような内容を考えるのです。

このようにすることで、看板とSNSという2つのツールを使って集客し、客数を増加させることができます。

▢まとめ

以上、立地条件が悪い場合の集客方法をご説明いたしました。
弊社では窓に気泡を入れることなく簡単に貼れるウィンドウサインも取り扱っているので、、ご興味のある方は是非お問い合わせください。
また、袖看板・スタンド看板など看板作成に関しても気になる方はいつでもご相談ください。
お待ちしております。

サインスタイル