「デジタルサイネージはどれくらいの耐久性があるのだろうか?」
このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
店の集客においてデジタルサイネージは重要な役割を果たします。
効果的にデジタルサイネージを設置することで、集客力が高まることを見込めます。
しかし、デジタルサイネージを設置する際に心配なことの一つが耐久性です。
高い買い物になるため、すぐに壊れてしまうと困ります。
そこで今回は、デジタルサイネージの耐久性について紹介します。

□ディスプレイの耐用年数

デジタルサイネージにおいて、はじめに不具合が起きやすいのはディスプレイでしょう。
そのため、ディスプレイの耐用年数がデジタルサイネージの耐用年数と考えると良いでしょう。
デジタルサイネージのディスプレイの耐用年数はおおよそ5年です。
しかし、野外で直射日光に当て続けていると、耐久性は落ちてしまいます。
デジタルサイネージには様々な種類があり、高額なものになれば、20年近く活用できるものもあります。
使用する場所に応じて、耐用年数を確認するようにしましょう。

□耐衝撃

デジタルサイネージの耐久性で気になることの一つに、耐衝撃があります。
時には扱いが荒くなってしまうことがあるかもしれません。
しかし、ほとんどのデジタルサイネージは屋外でも使うことを想定されているため、耐衝撃は高いです。
しかし、手荒に扱うと故障してしまうこともあります。
神経質になりすぎる必要はありませんがが、丁寧に取り扱いましょう。

□おすすめのデジタルサイネージ

デジタルサイネージの耐久性について紹介しました。
しかし、デジタルサイネージにも様々な種類があり選べないという方もいらっしゃるかもしれません。
当社ではデジタルサイネージのおすすめ商品として「リノスタンダード」を取り扱っております。
大きな画面と白いフレームが特徴的です。
デジタルサイネージにお悩みの方は一度「リノスタンダード」のデジタルサイネージもお考えください。

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの耐久性について紹介しました。
耐久性をしっかり確認して、店舗にデジタルサイネージを導入しましょう。
また当社では、パチンコ、パチスロホールの装飾用備品全般の開発、製造、販売を行っております。
そのほかにも、デザイン生活雑貨やノベルティー商品の販売を行っています。
ユーザー目線でのユニークで実用的な開発を心がけ、良い商品を安い価格で提供しております。
パチンコ、パチスロホールの装飾用備品のご購入をお考えの際は、ぜひ当社をご利用ください。