医院の集客はディスプレイで行う|集客のコツをご紹介

「医院で内勤として働いている」
「この頃お客様の足が遠のいていると感じ始めた」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

お客様が遠のいていると感じた場合、どのように工夫をすれば良いのでしょうか。
この記事では医院の印象を明るくし、集客率を上げるコツについてご紹介します。

 

□看板を作成し、認知度を上げる

看板を作成することで認知度が上がり、患者様の数が増えます。

*周りからの認知度が上がる

ディスプレイを置くことで周りからの認知度が上がります。
認知度が上がることは集客率アップに繋がるだけでなく、医院の場合は信頼度アップにも繋がります。

*情報が少ない医院には入りにくい

医院の前に何もディスプレイが置いてない場合は、とても入りづらいです。
「この医院は診察にいくらかかるのだろう」
「どんな医者が診察してくれるのだろう」
患者さんはこのように疑問を抱くでしょう。

しかし看板を作成し、情報量を増やすことで患者さんが安心して医院に入ることができます。

また看板には普通のディスプレイの他に、立体的な映像を見せることのできるLEDディスプレイがあります。
医院の場所や用途によって使用すべき効果的なディスプレイは変わってきます。
看板は種類選びにも注意しましょう。

 

□内装デザインの質を向上させ、リピート患者を増やす

*好感度がリピート患者のカギを握る

医院では患者に確かな技術を提供する必要があります。
しかし、それでは他の医院と差別化することはできません。
他の医院と差別化し、リピート患者を増やすためには良い空間を提供しましょう。

例えばエントランスなどには出入りしやすい雰囲気作りを行いましょう。
足元に誘導シールを貼って動線を分かりやすくするだけでも印象は大きく変わりますよ。

患者さんが好感度を持てる雰囲気ができれば、リピート患者もきっと増え流でしょう。

 

*もう一度来たいと思う医院作りを目指す

医院は病気や体に悪い症状があって行く場所です。
不安や緊張を感じる患者さんのためにも、内装デザインにこだわって落ちついた空間や場を用意しましょう。

 

□まとめ

今回の記事では、医院ではどのようにディスプレイを配置すれば良いかについてご紹介しました。
たった1つの看板でも、雰囲気を良くすることができ、集客に与える影響はとても大きいです。

当社では看板の販売を行なっております。
集客のために看板作成を考えている方でご相談がある場合は、ぜひお気軽に当社にご連絡ください。

サインスタイル