サインポールの意味や仕組みにせまる!

理髪店の前には多くの場合、赤と青と白の縞模様の看板が置いてあります。
何故あの看板は理髪店の看板として使われているのでしょうか。

サインポールの由来や仕組みについて紹介します。

全世界共通の看板「サインポール」

理髪店の前に置いてある縞模様の看板は、サインポールと呼ばれています。
ひねった形が砂糖菓子の有平糖に似ていることから「有平棒」と呼ばれることもあります。

英語圏の国ではバーバーズポール(barber’s pole)と呼ばれます。
サインポールは理髪店であることを示す、世界共通のマークです。

配色に関しては大抵の国で赤・青・白の3色ですが、イギリスでは赤と白の2色である等、一部の国では例外もあります。

最有力は「瀉血」説

サインポールが理髪店の看板となった由来は、明文化された記録がないため諸説あります。
もっとも有力なものが「瀉血(しゃけつ)」という治療方法が由来といわれるものです。

12世紀頃の理髪師は外科医を兼ねており、患部を切開して悪い血を抜き取る瀉血治療を行っていました。
治療の際に患者に握らせていた赤い棒と白い包帯が「赤」と「白」、18世紀頃に理髪師と外科医が区別されたことで「青」が加わったというものです。
なお、比較的よく耳にする「動脈の赤」「静脈の青」「骨の白」という説は、全国理容生活衛生同業組合連合会は支持していません。

サインポールの仕組み

小さい頃に、延々と上に吸い込まれていくように見えるサインポールを、時間が経つのも忘れて見続けた方もいるのではないでしょうか。
スタンダードなタイプのサインポールは、蛍光灯で明るくしたポールをモーターが回すことで、よく知られた動作になっています。
ほとんどのサインポールが右上がりの「Z巻き」になっているため、延々と上っていくように見えるのです。

サインポールについて知っていただけたでしょうか。
世界中でサインポール=理髪店だと認識できる、絶大な認知力を持っている看板はそう多くありません。
なお美容院では、同じ髪を切るお店として理髪店と区別するために、異なった配色のサインポールを設置するところもあります。

アイボード特集