化粧ビスの種類にはどのようなものがある?

看板に使われる金具の中でも、小さいけれども意外とその造形などに種類があり、こだわれば色々なアイテムを選べるのが化粧ビスです。
素材や大きさ、色、形など、バラエティ豊かに揃っているので、どのようなものがあるのか紹介します。

看板を固定するための取付金具である化粧ビス

化粧ビスとは、アクリルパネルなどを壁面に直接取り付けたり、壁面とパネルの間に少しの空間をもたせて設置するための金具です。
化粧ネジや装飾ネジ、飾りビスなどとも呼ばれます。

なぜ化粧ビスという名前なのかというと、アクリルパネルを看板やサインとして美しくキレイに見せることに特化したネジだからです。

化粧ビスの形や大きさはどのようなものか

アクリルパネルなどの板を直接壁面に取り付ける場合は、ネジと同じ形でありながら、ネジ頭だけが見栄え良く加工された化粧ビスを使います。

壁面から浮かせて設置する場合は少し構造が複雑で、取り付けるためのネジと座金、そしてそのネジを隠し壁面とパネルの間に用いるパイプ、パイプと板を挟み込む化粧ビス(化粧ボルト)を含め、その全ての総称として化粧ビスと呼ぶこともあります。

化粧ビスのネジ頭の部分は、ほとんどが平らな円形で、ドライバーで締めるためのマイナスやプラスの溝があるものや、デザイン性重視で円錐形になっているものもあります。

大きさは、板の大きさや厚さによって使うものが異なってきます。
業者から通販などで簡単に買えるものでは、小さいもので「ネジ頭の直径10mm・厚さ5mm、長さ4mm」、大きいもので「ネジ頭の直径30mm・厚さ5mm、長さ40mm」ほどとなっています。

化粧ビスの素材や色はどのようなものか

化粧ビスはパネルを壁面に取り付けるものなので、落下防止のために頑丈でなければならず、その素材のほとんどが金属です。
屋外に設置する場合は錆に強く耐候性の高いステンレスを、屋内では真鍮やジェラルミン、スチールなどが用いられます。

色は落ち着いた雰囲気のクローム仕上げやゴージャスな感じのゴールドメッキ、スタイリッシュに見せられるシルバーメッキなどがあります。
また、キャップ部分がプラスチックになっているものもあり、ブラックやホワイト、レッドなど、カラフルなタイプもあります。

いかがでしたか?
壁に板を取り付けるだけの化粧ビスにも、色々な種類があることがおわかりいただけたと思います。
化粧ビスの素材や色は、取り付ける看板・サインの内容やデザイン、取り付ける場所などに応じて選んで下さい。

アイボードプラス